会議中に参加者全員が発言する方法|すごい会議ブログ(ピグマ)

会議中に参加者全員が発言する方法

アイディアを出す会議での発言

 

皆さんの会社でアイディア出しをする会議はありますか?

 

例えば、社長が「来期の売り上げを今期の5倍にしたいから、そのアイディアを発表して欲しい。手を挙げて発表してくれ!」と言ったとしたら、何人から手が挙がりますか?

 

ここで、「0人」や「1人か2人」と回答した方は下記の方法を試してみてはいかがでしょうか?

                             

紙に書いて発表する

 

社長からのリクエストを下記の言い方に変えてみたら、何人からアイディアが出るでしょうか?

「来期の売り上げを今期の5倍にしたいから、そのアイディアを発表して欲しい。今から2分間で手元の紙に1つ以上のアイディアを書いてくれ!」

 

この手順を実行すれば、いつものやり方では2人しか手をあげなかったのが、全員から意見が出て来ることが起こります。


 

他に紙に書いてから発表するメリットは何か、少し考えてみてください。


 

◆メリット1

「紙に書いている時は、他の人の意見が見えない」

紙に書かずに意見を順番に発表していくと、4人目以降から「私も◯◯さんと同じです。」という発言が出たりしませんか?

紙に書いている時は、周りの人が何を書いているか分からないので、他の人に意見に左右されずに、自分の意見を伝えることができます。

 

◆メリット2

「長いスピーチが始まらない」

紙に書かずに発表すると、多くの場合スピーチ好きな方が2分3分平気で話し、長くなります。書いてから読む場合、1人20秒もあれば終わるので書く時間を入れたとしても、全員が発表する時間は短くてすみます。

 

上記のようなメリットもあります。

全員の意見を手に入れることが可能になる

 

 

紙に書いてから発表する手法は多くの方が知っていますが、私が言うには意図的に取り入れている企業は少ないです。

 

「すごい会議」では意図的にこの手法を使います。

例えば、会議参加者から意見をもらいたい時に、「それでは皆さん手元の紙に2分で、〜についてあなたの考えを書いて下さい。」とリクエストして、順番に書いたものをそのまま読んでもらいます。

 

短い時間で、全員の意見を手に入れることができたら、御利益があります。

 

弊社では、会議で会社を変える会議手法(すごい会議)を無料で体験できるセミナーを開催しています。

実際に体験をしてみたい方は、マネージメンとコーチによる無料90分ミーティングで、御社の期待と課題をお聞きした上で、ベストのやり方を我々から具体的にご提案します。

セミナーへのご参加が難しい方には、会社経営に役立つ(と私たちが信じている)マネージメント手法について、まとめたPDFファイルをダウンロードできます。こちらをご覧ください。

会議のやり方を変えるだけで劇的に会社の経営に違いが起きる「7つのノウハウ」を公開中。「すごい会議」の7つのノウハウ・メール講座の無料登録はこちらから。

この内容で送信します。よろしいですか?