「本気、出せ!」は機能しない。(本人の体験により)

先日、すごい会議の私の師匠である大橋禅太郎さんと、すごい会議の道場でコーチの腕を磨いている、M社の高橋さんと一緒にゴルフに行く機会がありました。

ゴールデンウィーク中の土曜日で、かつ2日前にゴルフ場を決める、かつ夕方には都内に戻ってくるという、強行予定だったこともあり、ゴルフ場はどこもいっぱいでした。


そんな中、千葉県八代市にある、都内から約30キロという圧倒的な近さにあるゴルフ場を発見!


ここしかない!


ということで、即予約。


で、実際に当日を迎え行ってみたところ、9ホールの同じコースを2回ラウンドして18ホールという、なかなか渋い感じの、ゴルフ場でした。


ゴルフ場に着いた時のキャディーさんの対応、外観、そしてロッカールームなどなどから、はっきり言って、3人とも完全にコースを舐めてました。

すみません。


途中、8I以上は使っちゃダメルールや、素振り禁止など、独自ルールに直面し、困惑するも、まずは舐めてますので、気合が入ってません。


距離も短いコースなのですが、ボギー・ダボとスコアは定まらず、3人とも完全にコースにやられてました。


そして、最後のホールが近づいた時に、参加者の一人から「よしっ!ここからは本気出していこう!」という声が上がり

もちろん皆は大賛成で「絶対本気ね!」と言って、改めてラウンドが始まりました。


で、その後の結果は?


これまでと何も変わらず、ボールは右や左へ飛んでいき、ボギー・ダボという結果に。。。


今回の件で得た教訓は?


「本気出してやろう」という掛け声は、機能しない、です。


あと本気出すには、基礎となる型があった方が効果的です。


脇締める、とか。ボールを見る、とか。これがあれば、本気の出し方がわかります。


なので、「本気出せ」と言って、相手が本気出してないと見えたら、おそらくやり方がわかってない可能性が高い。


その場合は、基礎となる行動は何をするのか?を提示した方がお互いにとって機能しやすい、を得ました。

弊社では、会議で会社を変える会議手法(すごい会議)を無料で体験できるセミナーを開催しています。

実際に体験をしてみたい方は、マネージメンとコーチによる無料90分ミーティングで、御社の期待と課題をお聞きした上で、ベストのやり方を我々から具体的にご提案します。

セミナーへのご参加が難しい方には、会社経営に役立つ(と私たちが信じている)マネージメント手法について、まとめたPDFファイルをダウンロードできます。こちらをご覧ください。

会議のやり方を変えるだけで劇的に会社の経営に違いが起きる「7つのノウハウ」を公開中。「すごい会議」の7つのノウハウ・メール講座の無料登録はこちらから。