「とりあえず」から「まずは」

先月、すごい会議を3年ほど前にご一緒させていただいた

クライアントの社長からお電話をいただき、

すごい会議を再開することになりました。


今、「どのようにすれば関わった企業や人が、仕組みを使い続け、自社のものとして

 永続的に機能し続けることに貢献できるか?」

を大切にしてることもあり、声をかけていただけたことがとても嬉しかったです。


で、先週金曜日の午後に、セッションを行わせていただきました。

4半期に1回の、営業チーム全員へのセッションで

5つのテーブルに分かれての実施でした。

前方テーブルで見ていた社長から

アイディアの量がとてもたくさん出る機会で

今回の狙いが手に入った、と言っていただき、嬉しかったです。


後日、サポートの電話を社長にさせていただいたところ


「今日の朝礼でも、セッション参加者が、太田さんの

 話をしてたよ」


とのことで、

「何を言っていたのですか?」

と聞くと


「今回のセッションで、コーチが 

 ”とりあえず”ではなく、”まずは”ということを何回も言っていた。

 まずは何をするか? まずは前進させる、ということが

 大切だとわかりました。」


とのこと。


自分では気づいてなかったのですが、

”まずは”

を何回も連呼してたようです。(笑


やる気があるから行動するのではなく

行動するからやる気が出る

のだと信じてます。


高い目標を掲げ、

可能性を信じ、

行動する組織

になるご支援ができれば

最高です。


太田智文

太田智文

すごい会議 プロフェッショナルコーチ。これまでに170社を超える企業での導入実績がある、顧客からの信頼を得続けるコーチである。

弊社では、会議で会社を変える会議手法(すごい会議)を無料で体験できるセミナーを開催しています。

実際に体験をしてみたい方は、マネージメンとコーチによる無料90分ミーティングで、御社の期待と課題をお聞きした上で、ベストのやり方を我々から具体的にご提案します。

セミナーへのご参加が難しい方には、会社経営に役立つ(と私たちが信じている)マネージメント手法について、まとめたPDFファイルをダウンロードできます。こちらをご覧ください。

会議のやり方を変えるだけで劇的に会社の経営に違いが起きる「7つのノウハウ」を公開中。「すごい会議」の7つのノウハウ・メール講座の無料登録はこちらから。