Original

承認する生き方を選択する

以前の私は、「承認すること」は私は得意ではないと判断していた。

 

だって、いつ承認するの?

 

 

先日、承認には3種類の承認の区別があることを知った。

 

成果を承認する事。

行動したことを承認する事。

存在そのものを承認する事。

 

それぞれ

「素晴らしい成果だね。」

「決めたことを期日通りにやるというのはすごいね。」

「ここにいてくれてありがとう。」「今日も出社してくれてありがとう。」

 

こういう観点で見ると、いつでも誰に対しても、どんな時でも承認をすることが

可能であるように見える。

 

先日、娘が漢字のテストで、ある点数を取った。(低い点数)

 

そして、再テストがあり、満点を取ったということを嫁に聞いた。

 

外出先から、電話越しに、娘に

 

「出来なかったところを自分で調べて出来るようになったんや。すごいやん」

 

と伝えたら、自分から

どうやってやったのかを熱く語り始めた。

 

語ってもらってるこちらも嬉しかった。

 

承認することが得意だな、とか得意でないなと

考える時点で、ピントがずれてる可能性があるのかもしれない。

 

意図的に承認するレベル(今の私)から、

自然と、口から承認する言葉が出てくる私になることを

今年のチャレンジとして、取組む事にワクワクしている。

 

もし、ぎこちない承認をしている私を見かけたら

あたたかく見守ってやってください。

そして、承認してあげていただけると、勇気100倍です。

弊社では、会議で会社を変える会議手法(すごい会議)を無料で体験できるセミナーを開催しています。

実際に体験をしてみたい方は、マネージメンとコーチによる無料90分ミーティングで、御社の期待と課題をお聞きした上で、ベストのやり方を我々から具体的にご提案します。

セミナーへのご参加が難しい方には、会社経営に役立つ(と私たちが信じている)マネージメント手法について、まとめたPDFファイルをダウンロードできます。こちらをご覧ください。

会議のやり方を変えるだけで劇的に会社の経営に違いが起きる「7つのノウハウ」を公開中。「すごい会議」の7つのノウハウ・メール講座の無料登録はこちらから。