ワクワクする目標の創り方|すごい会議ブログ(ピグマ)

ワクワクする目標の創り方

目標を創る時の概念1

 

「すごい会議」では「すごい成果を可能にする4つの要石」という4つの概念があります。

ここでは、その中の目標を創る時に特に頭に入れておくべき2つの概念をお伝えします。

 

◆概念1

「人々がなにかを創り出す時、人々はそれを自分の物として所有し、保護し、育て、保ち、遂行する傾向がある。」

 

具体的にどういうことかを説明します。

例えば、上から降りてきた目標と、自分で創り出した目標だと、どちらの方があなたにとって

目標として愛しやすいですか?

 

 

後者と回答する方が多いのではないでしょうか。

それはなぜでしょうか?

 

 

様々な回答があると思いますが、

「自分で創った目標の方が達成したい気持ちが入る」という方が多いです。

 

つまり、概念1は創った目標がいかに「この目標は私が創った、自分たちのものとして創ったんだ」と

言えるかがポイントということです。

目標を創る時の概念2

 

◆概念2

「必要な経験や手段が無く、やり方が未だ解らない状態で、可能性を見出し、遂行することにコミットする能力」

 

これはどういうことかを説明します。

 

今まで何か新しいことをやり始めたり、または高い目標を目指し始めた時に

周りから無理だって言われたり、自分でも達成できないかもしれないと思えるようなことに

チャレンジして、結果として達成できた経験はありますか?

 

私の例をあげると、学生時代に陸上部に所属しており、

種目が高跳びになったので、初めて背面跳びチャレンジした経験があります。

体育の授業で、はさみ跳びしかやったことがなかったので、

いきなり背面で跳ぶのは最初恐怖心がありましたし、

跳べるようになるか自信がありませんでした。

 

先輩に教えてもらいながら、毎日何度も練習して、3か月後には地区大会で

入賞することができるようになっていました。

 

誰しも大なり小なりこのような経験をされていると思います。

 

自転車に乗れる方は、乗れるようになった時のことを思い出しみてください。

 

最初は補助輪をつけて乗っていたはずが、とある日、その補助輪が外される日が来たはずです。

その時に「これで楽に乗れる!」と思いましたか?

多くの方がそうは思わなかったはずです。

何度も転びながら、諦めそうになりながら、練習して、乗れるようになったのではないでしょうか。

 

ここで何をお伝えしたいかというと、私が言うには、人間誰しも一見不可能に見えることを

可能にする能力が備わっているということです。

 

ただ、学生時代、またはビジネスをしてきた中で、自分自身で出来ると

思っていたことが出来なかったり、有言実行が出来なかったり、

ということを経験しているうちに、一見不可能に見えることを可能にする

ボリュームが最小まで絞られている状態になっていたり、

スイッチがオフになっていることがあります。

 

目標を創る時は、不可能を可能にするボリュームのスイッチをオンにして、

ボリュームを最大まで上げてみてください、というのがこの概念2です。

 

ワクワクする目標を創る

 

目標を創る時は上記の概念1と2を頭に入れて創ってみてください。

 

「自ら生み出し、必要な経験や手段が無くやり方が未だ解らない状態で、

可能性を見出すことにコミットする能力」

 

今のリソースがこれだから、これなら出来るよね、という出来ることを

ベースにした延長線上ではなく、その目標がなければ起こらなかったことが

起こるような目標です。

 

そうすると、きっとワクワクするような目標が創られます。

 

 

 

弊社では、会議で会社を変える会議手法(すごい会議)を無料で体験できるセミナーを開催しています。

実際に体験をしてみたい方は、マネージメンとコーチによる無料90分ミーティングで、御社の期待と課題をお聞きした上で、ベストのやり方を我々から具体的にご提案します。

セミナーへのご参加が難しい方には、会社経営に役立つ(と私たちが信じている)マネージメント手法について、まとめたPDFファイルをダウンロードできます。こちらをご覧ください。

会議のやり方を変えるだけで劇的に会社の経営に違いが起きる「7つのノウハウ」を公開中。「すごい会議」の7つのノウハウ・メール講座の無料登録はこちらから。

この内容で送信します。よろしいですか?