catch-img

真実は相手の中にある


こんにちは。株式会社ピグマ、代表兼すごい会議マネージメントコーチの太田智文です。


今朝の出来事。

朝、リビングに行ったら嫁が娘を叱っていた。

「あなたいつもそうじゃないのよ! 当たり前だと思わないでね!(ぷんぷん)」

私がどうしたのか、と聞くと

どうやら嫁が朝ごはんを作って娘に出したところ、娘は何も言わないで、タブレットを見続けた(無視した)とのこと。

嫁の中で、前々から苛立ちを感じているところがあった様で、今朝、それが軽く爆発をした。


ポイントは「やってあげてるのに、全く感謝されない」が根っこの様だ。

その後、娘は、「ありがとう」(私から見ると、渋々) と言っていたが、おそらく根本的には解決してないなと感じてこの場は終わった。

自室で仕事の打合せ後、時間があったので、娘と朝のランニングに行くことにした。


私「ママが何を怒ってるかわかる?」

娘「わからない」

私「ママは、毎日洗濯したり、ご飯作ってくれたり、見えないところでいろいろやってくれてるよね。それに対して、感謝の言葉が伝わってないことに対して言ってたんじゃないかな?」

娘「感謝してるし、言ってるよ。」

私(なるほど)「そうだよね。(ちょっと事例で説明しよう。)例えばだけど、パパは毎日しっかり、なっちゃん(娘)に挨拶してるよね!?」

娘「まぁまぁしてる。」

私「パパは、朝の挨拶は100%してるって思ってるんだけど、なっちゃん(娘)からしたら、『まぁまぁ』ぐらい何だね?」

娘「そうだよ。」

私「それと今日の朝起こったことで同じじゃないかな?」

娘「どう言うこと?」

私「本人は、ちゃんとやってると思ってても、相手が『やってる』と思ってくれなかったら、それは伝わってないことになるよね。」

娘「・・・」

私「だから、本人がやってると感じてるかどうかよりも、相手がやってるなと感じるかどうかが真実じゃないかな。わかる?」

娘「うん。」

私「だから、どうしたらいいかな?」

娘「ちゃんと『ありがとう』と言う。」


と言う会話があった。


こういうことって、家庭内でも、職場でも、人がいるところには必ず起きるもの。


本人がやってると感じてるかどうかよりも、相手がどう感じているかが真実。


認識がズレてると、なかなか問題の本質に行き着かないですが、

この認識が一致すると、あとはやるかやらないかの世界なので

解決の糸口が見えてくる。

という今朝の話でした。


株式会社ピグマ 代表取締役 すごい会議マネージメントコーチ 太田智文


=経営者向けのお役立ち情報=

上場企業経営者と共に学ぶ、経営者の桁を変えるコミュニティ「レバレッジ倶楽部」

・レバレッジ倶楽部のご紹介
 https://www.pygma.co.jp/leverage_club


・レバレッジ倶楽部オンライン

 https://www.facebook.com/groups/leveragec/


・レバレッジ倶楽部次回セミナー(6月24日)

 メンター:株式会社ジーニー 代表取締役社長 工藤 智昭(くどう ともあき)氏

 https://www.facebook.com/events/931548313945255/


太田智文

太田智文

すごい会議 プロフェッショナルコーチ。これまでに170社を超える企業での導入実績がある、顧客からの信頼を得続けるコーチである。

弊社では、会議で会社を変える会議手法(すごい会議)を無料で体験できるセミナーを開催しています。

実際に体験をしてみたい方は、マネージメンとコーチによる無料90分ミーティングで、御社の期待と課題をお聞きした上で、ベストのやり方を我々から具体的にご提案します。

オンライン会議の効果的な運営方法や考え方について、オンラインセミナー(zoom)を開催しています。

セミナーへのご参加が難しい方には、会社経営に役立つ(と私たちが信じている)マネージメント手法について、まとめたPDFファイルをダウンロードできます。こちらをご覧ください。

会議のやり方を変えるだけで劇的に会社の経営に違いが起きる「7つのノウハウ」を公開中。「すごい会議」の7つのノウハウ・メール講座の無料登録はこちらから。