catch-img

合宿と味噌汁と私

こんにちは。株式会社ピグマ、代表兼すごい会議コーチの太田智文です。

先日、すごい会議メンバーで、箱根で合宿を行ってきました。

会場は、大きな会議室があり、駅近、リーズナブルという宿で、お風呂も内風呂、露天風呂あり、素敵な宿でした。

箱根路開雲 https://www.ichinoyu.co.jp/kaiun/


今回の2日間の合宿では、

「私たちが何でできているのか?」

を知る上で、とても重要な機会だったと、感じます。

正直なところ、合宿中はその場に集中して精一杯だったのですが、

今から振り返ると、「あー、大切な時間だったんだな」とわかるような感覚です。

その時、持ってるものを出し切ったからこそ、

その瞬間が未来に繋がっているんだということなのだと。


余談ですが、最近(100日間ほど)毎朝、英語学習の一つとして、スティーブ・ジョブズさんのスタンフォード大学での卒業式のスピーチを聞いてますが、その一節の

「you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards」

(先を見通して点をつなぐことはできない。振り返ってつなぐことしかできない。)

に繋がるのかと一人腹落ちした機会でした。


さて、2日目の朝、いつものようにランニングをして(上の写真は、コーチの石田君との朝のランニング時のものです)、皆で朝食を食べたのですが、そこで出た味噌汁が、格段に美味しい!


その場で何人もの人から、「これはすごい」「うまい」という声が出ておりました。

「もしかして、この宿の売りはこの味噌汁かもしれない」

との声も出るぐらいの美味しさでした。


おそらく期待しない中での格段に美味しい味噌汁だったため

大きな満足や感動が与えられたのだと思われます。

期待値調整が、満足や感動に大きく影響を与えることを身を以て体験しました。


それと


おそらくこの宿は、この味噌汁の美味しさをそれほど気付いてないのでは、と思われたのですが


これは、私たちも同じだなと。


この宿のお味噌汁のように

組織も人も、自らが気づいていない「すごい」が日々生み出されているが

自分ではなかなか気づきにくいのではないかと。


もし、私たちがお店の人に「このお味噌汁、ものすごく美味しいですよね」

と伝えられれば、そして、そのことをお店の人が「ありがとうございます」

と受け止めることができる関係がお互いにあれば

もっと自分の素晴らしさを知ることができ、

意図的に発揮できる可能性があるのではと

感じる機会でした。


「あなたって、○○なところがすごいよね」

と互いに伝えられる関係、素敵ですね。



株式会社ピグマ 代表取締役 すごい会議マネージメントコーチ 太田智文




太田智文

太田智文

すごい会議 プロフェッショナルコーチ。これまでに170社を超える企業での導入実績がある、顧客からの信頼を得続けるコーチである。

弊社では、会議で会社を変える会議手法(すごい会議)を無料で体験できるセミナーを開催しています。

実際に体験をしてみたい方は、マネージメンとコーチによる無料90分ミーティングで、御社の期待と課題をお聞きした上で、ベストのやり方を我々から具体的にご提案します。

オンライン会議の効果的な運営方法や考え方について、オンラインセミナー(zoom)を開催しています。

セミナーへのご参加が難しい方には、会社経営に役立つ(と私たちが信じている)マネージメント手法について、まとめたPDFファイルをダウンロードできます。こちらをご覧ください。

会議のやり方を変えるだけで劇的に会社の経営に違いが起きる「7つのノウハウ」を公開中。「すごい会議」の7つのノウハウ・メール講座の無料登録はこちらから。