Opt と Choose の区別

内定者の太田登揮です。


先日、セッションでOpt と Choose の違いについて触れました。

どちらも日本語では”決める”という意味ですが、ニュアンスに違いがあります。


Opt は Option(オプション)のoptです。

特定の選択肢がある中で1つ選ぶ(選ばなければいけない)イメージです。

大学の履修で、選択科目は何を学ぶか?

入店後に決めるディナーはフレンチのコースか、イタリアンのコースか?

元々ある選択肢を、どちらにしようかな?で決めるのがOpt です。


Choose の方が聞き馴染みがあるかと思います。

自ら選択肢を作り、選ばなくてもいい状況下で決めるイメージです。

この服を買う!(買わなくてもいいが、あえて買う)

この人と結婚する!(独身でもいいが、あえてある人を選ぶ)

すごい会議に入門する!(すごい会議がなくても生活できるが、あえて入門する)

何もしないという選択肢がある中で、これ!と欲して決めるのが Choose です。


いくつか例文を添えて比較します。

Opt for the most efficient solution.

(最も効率の良い解決策を選ぶ)

Opt a person onto a committee

(人を委員会の新委員に選出する)


Choose a husband.

(婿を選ぶ)

As you choose.

(お好きなようにどうぞ)


上手く伝わっているでしょうか?


私における opt と choose を書き出してみました。

~Opt~

・必修選択の第二外国語でスペイン語を選んだ。

・コーヒーをブラックで注文した。

・携帯電話が必要なのでiPhoneを購入した。


~Choose~

・留学はしないで英語を獲得すると決めた。

・中学校では学級委員をやり通すと決めた。

・高校卒業後も軟式テニスをやると決めた。

・ピグマに入社することを決めた。


Opt と Choose を書き出してみました。

どんな違いを感じたり、どんな洞察を得たりしたか?


私は Choose として決めたことの方が愛して取り組んできた気がしました。

実際に、スペイン語を勉強して簡単な会話はできるようになりましたが、今は話せません。スペイン語は獲得できていません。

英語の方が楽しんで、かつ情熱を持って取り組めました。


根拠は何?と聞かれると解答に時間はかかるけども、

「私が決めたから」が結局ベストアンサーになることに熱中していました。


結婚するときに神父さんに「誓います」という時の文脈に似ているのだと思います。



最後に、質問があります。


あなたがChooseしたことはなんですか?



しなくてもよい、あえてやると決めたことは、

私が言うには代わりの効かないことだと思います。


ぜひ、決めたことをより愛してみてください。


行動に変化が生まれたり、日々の幸福感に違いが生まれたりすれば嬉しいです。

弊社では、会議で会社を変える会議手法(すごい会議)を無料で体験できるセミナーを開催しています。

実際に体験をしてみたい方は、マネージメンとコーチによる無料90分ミーティングで、御社の期待と課題をお聞きした上で、ベストのやり方を我々から具体的にご提案します。

セミナーへのご参加が難しい方には、会社経営に役立つ(と私たちが信じている)マネージメント手法について、まとめたPDFファイルをダウンロードできます。こちらをご覧ください。

会議のやり方を変えるだけで劇的に会社の経営に違いが起きる「7つのノウハウ」を公開中。「すごい会議」の7つのノウハウ・メール講座の無料登録はこちらから。