経営の桁を変えるには?
株式会社エーアイ 代表取締役社長 吉田大介様インタビュー(3/3)

経営にブレイクスルーが起これば、売上の桁が変わる。

この連載では、現実に桁を変えた経営者にインタビューし、どのように桁を変えたのか、そのプロセスでいかなる課題に直面し、どう向き合って、どう乗り越えたかを解き明かしてゆく。

■ 株式会社エーアイ

2003年創立。「音声技術で拓く21世紀の文化」を企業理念に、音声技術の応用開発・サービス化を通して、音声情報の新しい文化を創出し、生活文化の向上に貢献する。

2014年2月にJapan Venture Award中小企業長官賞受賞。

そして2018年6月、東証マザーズへ上場。私たちAI(エーアイ)は音声合成に特化した、日本唯一の会社です。

2018/08/24 インタビュー

第三部:これからの未来に向けてのブレイクスルー
「日本語の音声合成のトップランナーから、日本を代表する音声技術のトップランナーへ」

「今後はどういう会社にしていきたいですか?」

やっぱりもう少し研究開発の強い会社にしたいですね。

現在は、深層学習ですね、ディープラーニングを使った新しい音声合成のエンジンを研究開発中です。これは感情表現を自由に表現できるというものですね。来年度にはリリース予定で進めています。

一方で、研究開発会社だけどマーケティングもしないといけない。売れないと会社としては成り立っていかないので。だからこそ、日本語の“音声合成のトップランナー”でいないといけない。

 

もう一つはですね、他社の技術もサービスとして提供していきたいですね。

これまで本当に独自でずっとやってきたんですけど、弊社の企業理念が”音声技術で開く21世紀の文化”なんですね。

音声技術ということは音声合成だけじゃなくて、例えば音声認識で合ったり翻訳だったり会話であったりとか、音声対話ですね、そのあたりになってくると、やはり別の技術でそれぞれ深いものが出てくるんですね。そういう技術に関しては、連携やアライアンスを組んでサービスの幅を広げていきたい。

 

その出口の1つがこのAISonarです。これは Amazon EchoとかGoogle ホームとは違い、安全に法人向け業務用として使っていただくことが可能です。

何に使っていただくかと言いますと、3つの想定があります。

1つ目は、受付ですね。例えばお店でお客様に「歯ブラシはどこにあるの?」と聞かれればお店の中の場所を案内するとか、ホテルの受付業務で使っていただける想定です。

2つ目は、こういう打ち合わせをした時の議事メモ。これは議事録を取ってくれなくてもいいが、とにかくメモが欲しい。かつリアルタイムに。そんな時に本当にリアルタイムでこのAISonarがやってくれる。なおかつ誰が話したかも分かりますからね。

そして、3つ目が翻訳デバイスです。お店や、観光案内で外国人が来た時に、中国語で話したら日本語で出てくるとか。

その3つの用途を考えていましてて、それを今期中に実証実験する段階です。

こんな取り組みをやってるのも、それはやはりエーアイを日本語の音声合成のトップランナーにするためです。

 

今後のもう一つの方向性は、外国語です。

今も弊社はAITalk Internationalという外国語の音声合成のパッケージのソフトを提供しています。

さらに最近は、外国語のエンジンを出してほしいという要望が多いんですね。そこに対応すべく、今は海外のベンダーとお付き合いをしているのですが、そちらと一緒になって多言語の音声合成エンジンを作ってしまおうと動き始めています。

「外国語もターゲットになっていくということですね」

今期中に外国語に関しても準備は全部終えて、来期から本格的に活動を行っていきます。

使っていただければ色々な要望が出てきますから、それを元にブラッシュアップや、いろんな準備をしていって、マーケティングの方も浸透させていく、というのを来年度の4月からやっていきます。

「次の壁は何ですか?」

やはり売上の壁で、次は10億の壁だと思っています。

前期は5.7億、今期は6.8億予想で、たぶんそこまではいくんですよね。

それからジャンプアップできるようにしていきたい。

10億を超えたら東証一部になることも可能なので、一応計算でそこまでは出してあって、まだ10億というのは僕の中だけのものなんですけど、夢みたいなもんですよね。でも、実現は可能なんじゃないかと見えてます。

「ありがとうございます。これから桁を変えようとしている経営者の方へメッセージをください。」

私自身も最初は失敗したんですけど、“一攫千金”を夢見てしまう。でも、一攫千金はありえないです。

ですからうちの社員の方には

「毎日、粛々清々とコツコツと仕事をしてください」

「自分の業務を全うして下さい」

そういつもお願いしています。

目標をきちんと設定してコツコツやって行くと、目標は越えられると思うんですね。

これが、“うまいこと言ったら、ここまで行くんだ!”そんなことはありえない、と僕は思います。

コツコツというのは日本の文化にもあっていると思います。

「逆に、なかなか桁が変わらない、ともどかしい思いをしている経営者の方に何と言ってあげたいですか?」

まず会社の理念を見直してください。

そして、その理念を社員たちと一緒に見直してください。

それでその上で事業計画を作りましょう。

そして事業計画を社員の方々にも共有してください。

それがないと、持たないですね会社は。

「吉田社長、素晴らしいお話をありがとうございます。」

 

インタビュー日:2018年8月8日(水)

インタビュアー:株式会社ピグマ すごい会議コーチ 太田智文、石田博士、太田登揮

前の記事
代表 太田がインタビューに伺います。希望する方はご連絡ください。インタビューいただくと、2000人を超える経営者の方へ、インタビュー記事が配信されます。
また、インタビューを読んでみたい経営者の方のご希望もお知らせください。
御社のビジネスに成功をもたらすサポートをします。お問い合わせから1営業日以内にお返事することをお約束します。
会議のやり方を変えるだけで劇的に会社の経営に違いが起きる「7つのノウハウ」を公開中。無料登録はこちらから。
社員全員が決めたことを確実に実行する”自ら考え、行動する”集団に。
すごい会議無料相談
社長ブログ

導入事例

株式会社グローアップ様 すごい会議導入事例

株式会社グローアップ 代表取締役 古田 高浩さま、取締役 北川 裕人さまに、すごい会議を導入いただいた成果と取り組みについてインタビューを行いました。 担当コーチ 太田智文

株式会社東京ユニフォーム すごい会議導入事例

株式会社東京ユニフォーム 代表取締役社長 堀田 昌彦さまに、すごい会議を導入いただいた成果と取り組みについてインタビューを行いました。 担当コーチ 太田智文、石田博士

株式会社オーエス すごい会議導入事例

株式会社オーエス 代表取締役社長 織田 光一さま、取締役 杉浦 広治朗さまへのインタビュー。インタビュー実施日 2020年9月24日

株式会社LOHASTYLE(ロハスタイル) 代表 木村様 すごい会議 導入後インタビュー

「すごい会議を通じて『自分に責任が 100%』という考え方を共有できたことで、より個人としても組織としても強くなった。」

ステイジアキャピタルホールディングス様 HPOS導入後インタビュー

「コミュニケーションの土台を社員と共に作り、ONE-TEAMヘ」 すごい会議HPOS(High Performance Operating System)セッション 導入後インタビュー。

セミナー事例

【セミナー事例】経営体質改善セミナー

マザーズ上場のオロ社と共同開催で、[経営者向け]すごい会議®」と「利益管理」で筋肉質の会社に変わる 経営体質改善セミナー を実施しました。

【セミナー事例】コンテンツワークス株式会社 様

ずっと社員に言ってきた、事実で話す ということが、1回のセミナーで腹落ちした。