catch-img

主張するって大切

先日、家でテレビをつけた時にたまたま目にしたのが、

明石家さんまさんが10数名の吉本芸人と一緒に京都に旅しながら

お笑い修行をするという企画番組でした。


東京から京都までの新幹線の移動中や

京都太秦で、着物を着て小道具を使った小芝居をしたりしながら

それぞれの芸人が、自分なりの芸でボケたり、笑かせたりする

というベタな番組でした。

#私はこういうベタな番組が好きです。


私は最初の30分ぐらいまで見ておりましたが

若手から中堅と思われる芸人が出演している中で

アインシュタインの稲田さんがたびたび前に出て

「顔をいじる」

この立場から一ミリもぶれることなく、ウケようがウケまいが

気丈にボケ続ける姿が、印象的でした。


テレビを見終わって、私の中で

誰が印象に残ってるか?

と振り返った時に

司会のさんまさんと

何度も前に出てる芸人(稲田さん)

でした。


学んだことは

チャンスがあった時に、前に出ることが大切。いくら面白くても前に出て主張しないと相手(視聴者)には伝わらない。もっと言うと、その場にいる意味がない。


それと

自分の持ってる個性やキャラクターを徹底きに磨き、売り込むこと。

芸人の皆さんを見てると、それぞれに得意の笑いのパターンや持ちネタがあり、

それをシチュエーションが違っても、毎回押してくるということ。

芸を磨くとは、何でもかんでも磨くというより、自分の持つキャラを知って

そのキャラにあった芸を見つけ、それを徹底的に大量にやりこんで

相手に影響を与えられるレベルまで磨くことだと理解しました。


芸人さん、ありがとうございます。

私も芸を磨きます。

太田智文

太田智文

すごい会議 プロフェッショナルコーチ。これまでに170社を超える企業での導入実績がある、顧客からの信頼を得続けるコーチである。

弊社では、会議で会社を変える会議手法(すごい会議)を無料で体験できるセミナーを開催しています。

実際に体験をしてみたい方は、マネージメンとコーチによる無料90分ミーティングで、御社の期待と課題をお聞きした上で、ベストのやり方を我々から具体的にご提案します。

オンライン会議の効果的な運営方法や考え方について、オンラインセミナー(zoom)を開催しています。

セミナーへのご参加が難しい方には、会社経営に役立つ(と私たちが信じている)マネージメント手法について、まとめたPDFファイルをダウンロードできます。こちらをご覧ください。

会議のやり方を変えるだけで劇的に会社の経営に違いが起きる「7つのノウハウ」を公開中。「すごい会議」の7つのノウハウ・メール講座の無料登録はこちらから。