「コミュニケーションの土台を社員と共に作り、ONE-TEAMヘ」

ステイジアキャピタルホールディングス様 すごい会議HPOSセッション導入後インタビュー

会社名:ステイジアキャピタルホールディングス株式会社
設立:2002年12月 資本金:2億3,240万円
業務内容:海外不動産コンサルティング事業
URL:http://stasiacapital.com/profile
インタビュー:
ステイジアキャピタルホールディングス株式会社 代表取締役 奥村 尚樹様、
ステイジアキャピタルジャパン 代表取締役 田邊 浩久様
コーチ:株式会社ピグマ 石田博士、太田智文

「報告する会議から、社員自ら発案する会議へ!そんな期待から始まった。」

- まずは、御社のビジネスについて教えてください。
奥村:当社は創業以来一貫して、海外不動産のコンサルティングを主に日本の個人投資家及び法人あるいは機関投資家に提供する会社で、国際分散投資をお手伝いすることをミッションとしています。
 

- ありがとうございます。では御社の強みは何でしょうか? 

奥村:東南アジアで言えばシンガポール、タイ、マレーシア、ミャンマー、スリランカ、他のエリアでイギリス、ハワイを含むアメリカなど、8ヶ国12拠点と幅広い国で展開していることです。
田邊:幅広いエリアの不動産商品を取り揃えることで、お客様の海外分散投資ニーズに合わせてサービスを提供することができます。これが実現できるのは、我が社がこの業界の中で歴史が17年と長いためで、これまでの情報の蓄積と経験値が豊富にあります。
 

- 2018年2月に、経営幹部ですごい会議がスタートしましたね。そして、1年ほど行った後、今度は幹部の方と社員の方10数名の方とでHPOSセッションが2019年5月ぐらいから始まったのですが、今回のHPOSセッションをやろうと思ったきっかけは何ですか? 

奥村:そうですね、経営幹部層だけですごい会議のノウハウを使うだけでは、我が社にこのやり方が定着しないなという感じがありまして。そこで社員も巻き込んで、すごい会議のメソッドを身につけることが会社の発展になると思い、やろうと決めました。
田邊:チームや拠点間でのコミュニケーションをメールや電話でするんですけど、当時は言い方や伝え方で、お互いの勘違いや考えの行き違いが多く、コミュニケーションロスがよく起きていて、それがとてももったいないなと感じていました。そこで、すごい会議で扱う言葉の概念を一人一人が持てば、改善されるという印象を持って、社員と一緒に今回のセッションを行うことを決めました。
奥村:それと、当時は会議が報告会みたいな感じで、議論することがなかったのですが、自分から発案したり議論ができるような環境づくりと、そのための人作りができることも期待していました。
 

- どんな会議になることを期待していましたか?

奥村:他人の意見に左右されずに自分の意見を言える会です。
 
- そのための人づくりとしてはどんなことを期待していましたか?
奥村:そうですね。自分で考えること。あとは事実と解釈が分けて話せること。何に基づいてその意見を出しているのか、をちゃんと伝えてもらえるようになることですね。
 

最初は何のためにやるのか? で始まったのが、ONETEAMになった

- すごい会議を実施し、参加メンバー、他社員の発言や行動にどんな変化がありましたか? 

奥村:最初は“呼ばれたから来ました”という感じで、“何のためにやるのかな”という感覚で参加している人がいたように感じます。特に、1、2回目までは不安がありましたね。
やっていくと宿題があって日々投稿があって、面白そうだなと思ってすぐに試着できた人が出てきましたね。一方でそうはいってもなかなか試着できない人もいました。私も横から見ていて、解釈の仕方とか、分析力とかいろいろ個人差があるなとわかりましたね。当初期待していなかった成果かもしれませんが、一人一人の適応力がよく見えましたね。
 

- 一人一人の適応力がよく見えたのですね。

奥村:そうですね。最初から最後までいろいろ見えました(笑)
 

- 奥村さんが今お話していただいている“試着”という言葉も自然に使ってらっしゃいますが、それも以前は使ってなかった言葉ですよね。 

奥村:確かにそうですね。以前は使ってなかったことも今では当たり前になっていて自然に使ってる言葉がありますね。
 

- それが今回のセッションで提供した、言葉の区別(ディスティンクション)ですね

ぼやっとした解釈ワードじゃなく、事実に基づいた話をするようになりました

- では、具体的に、メンバーの皆さんにどういう変化がありましたか?

田邊:お客様との会話で、相手の発言に対して今まで以上に興味を持って聞いてる人がいましたね。なぜこういう考え方をしているのかな、と相手を受け止めてから回答している姿勢が感じられます。
奥村:メールが今まで無駄に長かった人が、簡潔にまとめられているような印象を受けました。
 

- ありがとうございます。他にありますか?

奥村:メンバー同士のコミュニケーションと上司への報告の質があがったと感じます。
 

-具体的には?

奥村:何となくぼやっとした解釈ワードじゃなく、事実に基づいた話をするようになりました。それと、お互いに言いたいことをはっきり言うようになりましたね。
 
- それはすごいですね。今回のHPOSセッションを通じて、一番印象に残っていることは何ですか?
田邊:セッション最終日の(言葉の)テストを全員が一発で合格して、達成感を全員で共有できたことですね。
それと、皆で決めた毎日のレポートの投稿数も、最後の日まで皆で追いかけて、結果的に達成できたことも、とても印象的でした。
 

- 毎回のセッションの後に学んだ言葉の区別をアウトプットする宿題として、毎日、行った行動をレポートする仕組みを提供しましたが、そのプロセスにはインパクトがありましたか?

田邊:はい、非常にありました。発言の質が個々によってレベルが違いましたが、後半になってから積極的に投稿したり、内容の質も上がっていたと感じます。その内容を見ると、お客様との接し方も見えて、私自身もいい気づきになりましたね。
奥村:レポートを投稿することに関してなかなか最初はやったりやらなかったりだったのですが、投稿に関する目標をトップダウンで決めると、やらされ感が出てしまうと思って、自分たちで決めてもらったのですが、そのことによって、自分たちで決めた目標を達成するんだ、という感覚が全体に生まれましたね。
 

- セッションを通じて、コーチのどんなサポートが役立ちましたか?

田邊:セッション中、会話が逸れた時に効果的に修正してくれて、上手に本題に戻してくれたことが、やはりプロだなと感じました。
奥村:毎日の投稿で、横で見ている自分たちでもなかなか言えないことを一つ一つのコメントに対してツッコんでくれたり、レスポンドしれくれたりコーチングが見事でしたね。
月に1回のセッションと、さらに毎日のレポート投稿はかなりしんどいなぁと感じて見ていましたけど、最後までやり切ってくれました。自分が投稿した内容に対してコメントしてくれる、反応をもらうことで「また明日も投稿しよう」という気持ちにもなるじゃないですか。毎日レスをしていただいたのは大きかったですね。感謝です。
 

- 他にも素晴らしかったところがあったら教えてください!(笑)

奥村:石田さんの素晴らしかったところは、もちろん組織として時間を守るのは当然なんですが、時間を守れなかったメンバーに対して、そこをなぁなぁにせず、きちんとコーチングしてくれたことで、緊張感が高まり、いい雰囲気が作れましたね。
事前準備ができてなかった時も、「どのようにすれば次回から準備ができオンタイムでスタートできますか?」とコーチングしてくださったおかげでその問題が解決したこともありました。やっぱり外部の方が言ってくれる、入ってもらうご利益って大きいですね。
田邊:私が明かに(参加者の)発言がいまいちだなと感じた時に、それをうまくサバいて、かつその人のモチベーションも下げずにうまく指摘してくださった点ですね。
 

- 今後、ピグマ社に期待することを教えてください。 

田邊:毎回、自社内の会議を実施した後に内容をヒアリングしていただき、例えば「その時どんな会話をしましたか?そこでHPOSのエッセンスを入れてどうなりましたか?」といったアフターフォローをしていただけると嬉しいですね。
あと、社内のメンター3人をもっとメンターらしくするためにコミュニケーションをとってほしいです。ランチをご一緒していただいてもOKです。
奥村:会議をどうやって定着していくかを考えた時に、会議のアジェンダをレビューしていただいたり、より効果的な会議になるようなサポートをしてほしいですね。
 

- もちろんです、ぜひサポートさせていただきます。本日はありがとうございました。

取材日:2020年1月16日 インタビュアー:石田、太田

弊社では、会議で会社を変える会議手法(すごい会議)を無料で体験できるセミナーを開催しています。

実際に体験をしてみたい方は、マネージメンとコーチによる無料90分ミーティングで、御社の期待と課題をお聞きした上で、ベストのやり方を我々から具体的にご提案します。

オンライン会議の効果的な運営方法や考え方について、オンラインセミナー(zoom)を開催しています。

セミナーへのご参加が難しい方には、会社経営に役立つ(と私たちが信じている)マネージメント手法について、まとめたPDFファイルをダウンロードできます。こちらをご覧ください。

会議のやり方を変えるだけで劇的に会社の経営に違いが起きる「7つのノウハウ」を公開中。「すごい会議」の7つのノウハウ・メール講座の無料登録はこちらから。

株式会社オーエス すごい会議導入事例

株式会社オーエス 代表取締役社長 織田 光一さま、取締役 杉浦 広治朗さまへのインタビュー。インタビュー実施日 2020年9月24日

ステイジアキャピタルホールディングス様 HPOS導入後インタビュー

「コミュニケーションの土台を社員と共に作り、ONE-TEAMヘ」 すごい会議HPOS(High Performance Operating System)セッション 導入後インタビュー。

株式会社LOHASTYLE(ロハスタイル) 代表 木村様 すごい会議 導入後インタビュー

「すごい会議を通じて『自分に責任が 100%』という考え方を共有できたことで、より個人としても組織としても強くなった。」

リベラルソリューション株式会社 下田穣様

「すごい会議を導入した約半年で、1事業の粗利が2.5倍に。他部署のことを自分の部署のこととして捉える意識が芽生え、みんなで協力して解決しようっていう文化が生まれました。」

株式会社NEOマーケティング -第1回- 導入編

株式会社NEOマーケティング様 すごい会議導入インタビュー 『すごい会議の導入によるマネジャー陣の変化』

株式会社NEOマーケティング -第2回- 開始後・変化編

株式会社NEOマーケティング すごい会議導入インタビュー 『すごい会議の導入によるマネジャー陣の変化』

株式会社NEOマーケティング -第3回- 未来編

株式会社NEOマーケティング すごい会議導入インタビュー 『すごい会議の導入によるマネジャー陣の変化』

株式会社トントン -第1回- 導入編

”人儲け企業” 株式会社トントンとすごい会議の1年間 第1回:急成長の裏側 「すごい会議知ってますよ、すごいっすね、一番ヤバいやつじゃないですか」

インターリンク株式会社 -第1回- 導入編

社長の想いが全社に伝わり、共通言語が作られる、成長を実感したインターリンク株式会社様の3ヶ月間|第1回:導入編をお届けいたします

インターリンク株式会社 -第2回- 実施編

社長の想いが全社に伝わり、共通言語が作られる、成長を実感したインターリンク株式会社様の3ヶ月間|第2回:実践編をお届けいたします

セイスイ工業株式会社 -第1回-

すごい会議の導入事例をご紹介。三回に渡り、今回はやり切る先の限界突破へ。 「セイスイ工業らしさ」を全員参加で作り上げる「すごい会議」の半年間をご紹介します。

セイスイ工業株式会社 -第2回-

すごい会議の導入事例をご紹介。三回に渡り、今回はやり切る先の限界突破へ。 「セイスイ工業らしさ」を全員参加で作り上げる「すごい会議」の半年間をご紹介します。

セイスイ工業株式会社 -第3回-

すごい会議の導入事例をご紹介。三回に渡り、今回はやり切る先の限界突破へ。 「セイスイ工業らしさ」を全員参加で作り上げる「すごい会議」の半年間をご紹介します。

株式会社トントン -第3回- 未来編

”人儲け企業” 株式会社トントンとすごい会議の1年間 第3回:未来 「すごい会議は『ゼロからイチを作る』」

株式会社トントン -第2回- 実施編

”人儲け企業” 株式会社トントンとすごい会議の1年間 第2回:導入後の変化 「鬼の責任感。人ってそこまで変われるだなあと僕もびっくりするくらいに。」

株式会社イデアル 薄葉様

「業界トップを取ろうぜ!」“巻き込む力”で大きな目標を共有。 信頼を得られる組織を作り、結果的に高い業績を上げるために 「すごい会議」が原動力になっています。

三菱商事石油株式会社 営業企画部 高尾様

自ら解決策を導き出させる手法が面白い。決まらない会議から「決まる会議」にするためには。

OMソーラー株式会社 飯田様

すごい会議を導入することで、高速回転で全ての計画に対してレビューをする仕組みができた。

株式会社赤鹿地所 赤鹿 保生様

継続的に『すごい会議』を実施する事で仕組みが浸透し、結果が出る。 「すごい会議」を重要戦略会議の位置づけで4年継続。

株式会社クラウドペイメント 清久様

1番変わったのは自分(社長)。社員に委ねる経営へシフト。

株式会社ブレインパッド 草野様

密度の濃い経営 緻密なアクションが実行される。組織を強くするサイクルができた。

ノアインドアステージ株式会社 大西様

“5年後に100億” こんなことを言えるのは『すごい会議』の影響。社内に浸透する「すごい会議」、会社が変わる。

株式会社セイコーハウジング 元木様

自分たちが「こうやりたい!」 という気持ちの現われが自分たちの目標になった。「提案します」という責任ある発言がではじめた。

養老乃瀧株式会社 矢満田様

本当の問題を明らかにする。そしてその問題を乗り越える。限られた時間内で様々な事象が明確になるので、これまでぼんやりとしていたものがはっきり見えてきた。

株式会社 メイクスライフ 佐藤様

「それって本当にイケてる?」全社員の可能性を引き出して過去13年間で最高の契約件数&売り上げを達成。目標達成率 100%超! とことん考える会議と新チャレンジで過去最高の契約件数を達成。

石原金属株式会社 石原様

攻めの仕組みを手にいれた。浸透する進捗会議で会社が変わる。

辰馬本家酒造株式会社 辰馬様

8年間変えられなかった社員の行動と発言が導入後わずか5ヶ月で前向きにチェンジ。「やってもダメだろう」から「やるしかない」へ意識をチェンジ。

全27件中 1〜 27件を表示