株式会社NEOマーケティング すごい会議導入インタビュー
『すごい会議の導入によるマネジャー陣の変化』
~未来編~

会社名 :株式会社ネオマーケティング 設立:2000年10月 資本金:4,756万円
業務内容:マーケティング支援事業
URL :https://www.neo-m.jp
社員数 :116名(2018年11月現在) 
代表者インタビュー:代表取締役社長 橋本光伸 人事統括責任者 萩原健太(PMO担当)

「すごい会議」担当コーチ: 株式会社ピグマ 石田、太田

- これからどんな会社にしていきたいですか?

橋本:
メンバー全員が楽しく事業に取り組んで、それぞれの事業が成長して、お客様に見て頂いたときに魅力的な事業がたくさんあるネオマーケティングにお願いしようと思って頂けるようになりたいと思います。マーケティングのことであれば何でも相談できるという会社にしたいです。私たちの事業はすごく世の中に貢献できる仕事なので、メンバー全員がそれを実感して社会に貢献しているなと誇りに思える会社にしたいです。お客さまからも喜んでいただきたいですし、お客さまからヒット商品が出ていくようになりたいです。まだまだそこまでにはいけていないですが、それは絶対にやりたいと思っています。

- それを実現させる上で問題や懸念は何ですか?

橋本:
専門的な人材というところでいうと全然足りていないですし、新卒が早期に一人前になる教育体制もまだ弱い。また最先端のものをもっと取り込んでいく必要もあります。これらはすぐに実現できることではありませんが、地道にやっています。例えば、専門性のある人に入社してもらおうという採用活動だったり、教育という観点も萩原が非常に考えています。

萩原:
これからのネオマーケティングにとって優秀な人材は必要です。会社を大きくしていくという信念を持って一緒に作っていける、
そんな人と一緒にやっていきたいです。

橋本:
あとは知名度だったり、ブランド力だったりも、まだまだ弱い。
これは三ヶ年目標のところで出てきましたが、成長のプロセスの中で知名度やブランド力を伸ばしていく必要があるとも感じています。これらはご相談頂くお客様から見た時には重要なファクターになります。だからこそどんどん強くしていきます。

- それを実現させるために、我々に期待することがあれば教えてください。

橋本:
ピグマ社ではIPOをした経営者の勉強会やセミナーを実施されているので、そこにはこれからもぜひ参加させて頂きたいです。太田さんは人間性が高いので、周りに集まる経営者の方々もいい方たちばかりなんですよ。良い人の周りには必ずいい人が集まっている。だから私は太田さんをすごく信用しています。結局人だと思うんです。どんなに凄いメソッドを持っていても、この人から教わりたいなと思わなければやろうとは思わないじゃないですか。

 - この「すごい会議」を導入すると、すごい成果を可能にしそうな会社とはどのような会社だと思いますか?

橋本:
前向きでこれから伸びていこうとする会社、やはりベンチャー企業ではないでしょうか。 あとはオールドエコノミーでも、停滞していてこれからブレイクスルーをもう1回やっていかなきゃいけないとか。ベンチャーだとしても第二創業期でもう一度仕切り直して売上を上げていくとか、新しいビジョンを作るとか。そういう会社ならはまるのじゃないでしょうか。
組織の中には踊り場というのが必ずあると思うんです。体制が変わったり、人が変わったりした時、サービスを変えるときやビジネスモデル自体を変えて進んで行かないといけないというタイミングがきっとあると思うんです。そういう時に「すごい会議」をすると、すごい力を発揮するのではないかと思います。意外と順調にいっていてみんなに危機感がないときは、それを100%信じてみんなでやろうとはならないと思うんです。経営者はなると思いますけども、マネージャーとかだとそうはならない。こんなことをしなくても食べていけるっていうマインドのはずですから。

萩原:
今回「すごい会議」経験させて頂いて、これを使いこなせる人とそうでない人は分かれるのではないかと思いました。
例えば、どんなにいい会社でも「すごい会議」に参加する強い意思を持っていないような方が集まってしまうと、機能しない可能性があるんじゃないかなという風に思います。弊社の場合は、最初に参加する時点で意欲が高い状態だったので、仕組み自体を素直に受け入れてそれを活用し始めたというのがはまった要因ではないでしょうか。
ぜひこれからもピグマ社の「すごい会議」で、多くの会社が素晴らしい可能性を引き出して欲しいです。

 

取材: 2018年12月18日 東京都渋谷区 NEOMARKETING,INC東京本社

文章: 石田博士

撮影: 太田登揮

弊社では、会議で会社を変える会議手法(すごい会議)を無料で体験できるセミナーを開催しています。

実際に体験をしてみたい方は、マネージメンとコーチによる無料90分ミーティングで、御社の期待と課題をお聞きした上で、ベストのやり方を我々から具体的にご提案します。

オンライン会議の効果的な運営方法や考え方について、オンラインセミナー(zoom)を開催しています。

セミナーへのご参加が難しい方には、会社経営に役立つ(と私たちが信じている)マネージメント手法について、まとめたPDFファイルをダウンロードできます。こちらをご覧ください。

会議のやり方を変えるだけで劇的に会社の経営に違いが起きる「7つのノウハウ」を公開中。「すごい会議」の7つのノウハウ・メール講座の無料登録はこちらから。

すごい会議無料相談
社長ブログ

導入事例

株式会社グローアップ様 すごい会議導入事例

株式会社グローアップ 代表取締役 古田 高浩さま、取締役 北川 裕人さまに、すごい会議を導入いただいた成果と取り組みについてインタビューを行いました。 担当コーチ 太田智文

株式会社東京ユニフォーム すごい会議導入事例

株式会社東京ユニフォーム 代表取締役社長 堀田 昌彦さまに、すごい会議を導入いただいた成果と取り組みについてインタビューを行いました。 担当コーチ 太田智文、石田博士

株式会社オーエス すごい会議導入事例

株式会社オーエス 代表取締役社長 織田 光一さま、取締役 杉浦 広治朗さまへのインタビュー。インタビュー実施日 2020年9月24日

株式会社LOHASTYLE(ロハスタイル) 代表 木村様 すごい会議 導入後インタビュー

「すごい会議を通じて『自分に責任が 100%』という考え方を共有できたことで、より個人としても組織としても強くなった。」

ステイジアキャピタルホールディングス様 HPOS導入後インタビュー

「コミュニケーションの土台を社員と共に作り、ONE-TEAMヘ」 すごい会議HPOS(High Performance Operating System)セッション 導入後インタビュー。

セミナー事例

【セミナー事例】経営体質改善セミナー

マザーズ上場のオロ社と共同開催で、[経営者向け]すごい会議®」と「利益管理」で筋肉質の会社に変わる 経営体質改善セミナー を実施しました。

【セミナー事例】コンテンツワークス株式会社 様

ずっと社員に言ってきた、事実で話す ということが、1回のセミナーで腹落ちした。