密度の濃い経営 緻密なアクションが実行される

株式会社ブレインパッド
代表取締役会長 草野 隆史 氏

株式会社ブレインパッド
設立:2004年3月
事業内容:アナリティクス事業/ソリューション事業/ASP関連事業産売買
セッション開始:2012年7月

参加者のコミットが深くなるいいメソッド

今回すごい会議を導入しようと思ったきっかけはなんですか?

これまでビジネスが順調に来ていた分だけ、成長でごまかしていた部分がいろいろあったんですけれど、社員が100人を超えて規模としての節目を迎えたところで、そこに向き合わなきゃいけない時期だったということがあります。上場という区切りを終えて、今後に向けて、問題の棚卸しをする必要がある、という思いがあって、役員合宿をやることになったのがきっかけです。
その中でも、すごい会議を選んだのには、まず社内のメンバーだけでやるよりも、第三者が入って仕切ってくれた方がいいだろうという考えがありました。すごい会議にしたのは、とはいえ時間が潤沢にあるわけでもない中で、コンパクトに体系化された会議のメソッドという評判だったので、それに即した形でやってみようと考えたからです。

すごい会議をやってみて感じたことを教えてください。

これまで僕が自分で考えていたり、あるいは担当の部長や役員と1対1で会って問題解決を行っていたことに対して、関係者全員で議論することの効率の良さと、一人だったら出てこなかっただろうなと思えるアイディアがあったのと、なにより終わった後のメンバーのコミットの深さに、いいメソッドだな、なるほどな、と思いました。

すごい会議をやってみて変わったことは何ですか?

戦略的フォーカスが定まったことで、そこを軸に話ができるようになりました。「これって、戦略的フォーカスを達成するためにはこっちだよね」とか、「僕らが目指しているのはこっちだよね。戦略的フォーカスによれば」というような議論ができるので幹部同士の対話が楽になりました。

組織を強くするサイクルができた

導入して今の時点で手に入った成果は何ですか?

魅力的な中期目標が立てられたということが成果だと考えています。無条件にこれを達成できたらいいよねと思えますし、そのためのスタートを切れたことと、目標と照らし合わせて、毎月発生している問題を解決する習慣をマネジメントレベルでやり始めたのは収穫だと思います。今後もこれを続けていくことで、常に目標との乖離を問題として認識して、少なくとも何らかのアクションを取っているというサイクルが回っていること自体が、組織を強くするためには意味があると感じています。

太田に対する印象は?

いい意味で淡々と、いい距離感でファシリテートしてもらえたと思っています。下準備を含めてすごく丁寧に対応していただいたのと、会議本番では、新しい手法をメンバーに導入する上で、要所では、毅然とした姿勢を示してもらいました。このあたりの安定感やうまさは、太田さんの自信によるものなんじゃないのかなと思っています。

経営、意思決定の密度が濃く

すごい会議があることによって、会社は何が変わるのですか?

経営の密度を濃くしてもらえるんじゃないかと期待しています。単純に僕が思いついたものを現場に指示するよりも、すごい会議において僕の意見が反映されつつも、メンバーの意見で方向性が決まることで、意思決定の密度が濃くなり、それに基づくアクションも精緻に実行・検証されていくので、同じ半年、1 年がたった時にすごい会議を織り交ぜながらやった時とそうでない時は、結果としてメンバーの行動も違って、必然として成果に結びつくんじゃないかという期待と予感を持っています。

弊社では、会議で会社を変える会議手法(すごい会議)を無料で体験できるセミナーを開催しています。

実際に体験をしてみたい方は、マネージメンとコーチによる無料90分ミーティングで、御社の期待と課題をお聞きした上で、ベストのやり方を我々から具体的にご提案します。

セミナーへのご参加が難しい方には、会社経営に役立つ(と私たちが信じている)マネージメント手法について、まとめたPDFファイルをダウンロードできます。こちらをご覧ください。

会議のやり方を変えるだけで劇的に会社の経営に違いが起きる「7つのノウハウ」を公開中。「すごい会議」の7つのノウハウ・メール講座の無料登録はこちらから。

リベラルソリューション株式会社 下田穣様

「すごい会議を導入した約半年で、1事業の粗利が2.5倍に。他部署のことを自分の部署のこととして捉える意識が芽生え、みんなで協力して解決しようっていう文化が生まれました。」

株式会社NEOマーケティング -第1回- 導入編

株式会社NEOマーケティング様 すごい会議導入インタビュー 『すごい会議の導入によるマネジャー陣の変化』

株式会社NEOマーケティング -第2回- 開始後・変化編

株式会社NEOマーケティング すごい会議導入インタビュー 『すごい会議の導入によるマネジャー陣の変化』

株式会社NEOマーケティング -第3回- 未来編

株式会社NEOマーケティング すごい会議導入インタビュー 『すごい会議の導入によるマネジャー陣の変化』

株式会社トントン -第1回- 導入編

”人儲け企業” 株式会社トントンとすごい会議の1年間 第1回:急成長の裏側 「すごい会議知ってますよ、すごいっすね、一番ヤバいやつじゃないですか」

インターリンク株式会社 -第1回- 導入編

社長の想いが全社に伝わり、共通言語が作られる、成長を実感したインターリンク株式会社様の3ヶ月間|第1回:導入編をお届けいたします

インターリンク株式会社 -第2回- 実施編

社長の想いが全社に伝わり、共通言語が作られる、成長を実感したインターリンク株式会社様の3ヶ月間|第2回:実践編をお届けいたします

セイスイ工業株式会社 -第1回-

すごい会議の導入事例をご紹介。三回に渡り、今回はやり切る先の限界突破へ。 「セイスイ工業らしさ」を全員参加で作り上げる「すごい会議」の半年間をご紹介します。

セイスイ工業株式会社 -第2回-

すごい会議の導入事例をご紹介。三回に渡り、今回はやり切る先の限界突破へ。 「セイスイ工業らしさ」を全員参加で作り上げる「すごい会議」の半年間をご紹介します。

セイスイ工業株式会社 -第3回-

すごい会議の導入事例をご紹介。三回に渡り、今回はやり切る先の限界突破へ。 「セイスイ工業らしさ」を全員参加で作り上げる「すごい会議」の半年間をご紹介します。

株式会社トントン -第3回- 未来編

”人儲け企業” 株式会社トントンとすごい会議の1年間 第3回:未来 「すごい会議は『ゼロからイチを作る』」

株式会社トントン -第2回- 実施編

”人儲け企業” 株式会社トントンとすごい会議の1年間 第2回:導入後の変化 「鬼の責任感。人ってそこまで変われるだなあと僕もびっくりするくらいに。」

株式会社イデアル 薄葉様

「業界トップを取ろうぜ!」“巻き込む力”で大きな目標を共有。 信頼を得られる組織を作り、結果的に高い業績を上げるために 「すごい会議」が原動力になっています。

三菱商事石油株式会社 営業企画部 高尾様

自ら解決策を導き出させる手法が面白い。決まらない会議から「決まる会議」にするためには。

OMソーラー株式会社 飯田様

すごい会議を導入することで、高速回転で全ての計画に対してレビューをする仕組みができた。

株式会社赤鹿地所 赤鹿 保生様

継続的に『すごい会議』を実施する事で仕組みが浸透し、結果が出る。 「すごい会議」を重要戦略会議の位置づけで4年継続。

株式会社クラウドペイメント 清久様

1番変わったのは自分(社長)。社員に委ねる経営へシフト。

株式会社ブレインパッド 草野様

密度の濃い経営 緻密なアクションが実行される。組織を強くするサイクルができた。

ノアインドアステージ株式会社 大西様

“5年後に100億” こんなことを言えるのは『すごい会議』の影響。社内に浸透する「すごい会議」、会社が変わる。

株式会社セイコーハウジング 元木様

自分たちが「こうやりたい!」 という気持ちの現われが自分たちの目標になった。「提案します」という責任ある発言がではじめた。

養老乃瀧株式会社 矢満田様

本当の問題を明らかにする。そしてその問題を乗り越える。限られた時間内で様々な事象が明確になるので、これまでぼんやりとしていたものがはっきり見えてきた。

株式会社 メイクスライフ 佐藤様

「それって本当にイケてる?」全社員の可能性を引き出して過去13年間で最高の契約件数&売り上げを達成。目標達成率 100%超! とことん考える会議と新チャレンジで過去最高の契約件数を達成。

石原金属株式会社 石原様

攻めの仕組みを手にいれた。浸透する進捗会議で会社が変わる。

辰馬本家酒造株式会社 辰馬様

8年間変えられなかった社員の行動と発言が導入後わずか5ヶ月で前向きにチェンジ。「やってもダメだろう」から「やるしかない」へ意識をチェンジ。

全24件中 1〜 24件を表示