株式会社ユニメディア 代表取締役社長 末田 真 様

役員メンバーの経営のコミットメントが高まる会議

・設立:2001年4月20日
・資本金:50,000,000円
・従業員数:94名(2021年8月末現在)※役員、パート含む
・事業内容:デジタルイノベーション事業
・本社:東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル6F
・担当コーチ:太田 智文

以前は取締役の機能不全が起きていた。

太田:今期も、御社の経営会議をサポートさせていただく機会をいただき、ありがとうございました。

末田:いえいえ、とんでもないです。いつもありがとうございます。

太田:今日お時間いただいたのは、今期はまだ終わっていないんですけど、前回のセッションで、新しい目標を作られたということで、一つの節目ということで、ここまでの振り返りをさせてもらいたかったんですね。細かい内容というよりも、大枠で、当初の期待だったり、それに対して何が上手く機能して、何が機能しなかったみたいなことを中心にヒアリングできれば思っております。

末田:わかりました。

太田:10数年前にすごい会議を行っていただいて、今回、改めてすごい会議を始めようと思っていただいた背景はどういうところだったんですか?

末田:去年たくさんの事業課題が噴出していまして、それの起きた遠因とかを考えると、結局、取締役会の取締役機能不全が起きていました。

太田:なるほどですね。

末田:結果として、役員の経営についてのコミットメントが足りていなかったんだと思うんですね。

太田:なるほどですね。経営についてのコミットメントが足りていなかった、と。

末田:はい。例えば、役割分担が明確でなかったとか。

太田:なるほどですね。

末田:はい。そのあたりの責任の所在があいまいだったから、結局、抜け落ちていたところで問題が起きているというところと、もう一つはそこの責任範囲が明確でも、その責任を果たさない人間がそのまま居続けていることに対して、アラートが上がらないみたいなことが起きていたと。それらをひっくるめて機能不全という、表現をしました。

諸々の問題が起きたときに、結局、背景にあるのは本質的な課題。それを扱うのがすごい会議

太田:うーん。なるほどですね。そんな中で、すごい会議をやろうとなったのは、どういう意思決定があったのですか?

末田:諸々の問題が起きたときに、結局、背景にあるのは本質的な課題は今お話ししたようなことだろうというふうに思った時に、過去十数年前だったと思うんですけど、すごい会議をやっていただいたときに、まさに同じような問題が当時も起きていました。

太田:なるほど。なるほど。

末田:各ユニットの人たちは、当時のすごい会議を受けている人が多くて、そういう意味ではかなり浸透しているんですけど、今のボードメンバーは受けていなかったので、で、あらためてということで。

太田:そうだったのですね。

末田:役員のチームとしては大半がすごい会議を経験していなかったので、あらためてインストールし直すいい機会かなということで太田さんに相談させていただいたというところですね。

太田:なるほどですね。実際に改めてやってみて、期待に対してこの部分は手に入ったということが、もしあったら、それを教えてください。

末田:まさに解決したい問題点についてはほとんどすべてがクリアになったかなと思っています。

太田:それはすごいですね。

末田:結果として役員のチームワークが生まれたと思います。

太田:そうですよね。会議自体も、定期的にきちんと会議を催されているのはもちろんですし、自主的にも催されてらっしゃいますね。

末田:そうですね。非常に結果として、みんなが機能している状態だと思います。

責任の所在が明確になった。

太田:いいですね。機能したとすると何が上手くいったから、機能したと思いますか?

末田:問題、課題の共有ができて、それを責任の所在をチームとしてクリアにしたことがよかったと思います。

太田:なるほどですね。社内で起きた変化や目に見えた成果がもしあったら教えてください。

末田:そうですね。役員は主体者なので、その意味では役員自身が実感しているんだと思うんですけど、社内のメンバーからしたときに、今まで私以外の役員が社内に対して発信することはなかったんですが、他の役員が主体的に動いている様が見えるようになったと思います。今は、しっかり職責を果たしているというところが見えているので、社員からの不満も出てこなくなりました。

太田:なるほどですね。働いているんだということが見えるようになったのですね(笑)。

末田:はい。

太田:ありがとうございます。ちなみに今期の業績に関してはどのような結果になるような想定ですか?

末田:業績は、予算を大幅に達成をしています。

太田:素晴らしいですね。

末田:ただ、これはすごい会議の直接の結果ではないんですよ。

太田:そうなんですね。と言いますと?

末田:現場がその絵を描いているところなので。どちらかかというとすごい会議が機能してくると、リスクマネジメントなどボードの機能を強化する話になるので。

太田:なるほどですね。

末田:どちらかと言うと短期的にはコストアップになる施策のほうが多いかもしれないですよね。

太田:長期的な視点で見たときに機能しているという形ですね。

末田:そうです。そうです。

一人一人が、「私の役割はこれだ」という発信をするようになった

太田:ありがとうございます。参加メンバーの中で特に変容が見られた方はいらっしゃいますか。

末田:うーん。SさんとYさんは変化が大きいですね。

太田:どのような変化が見受けられますか。

末田:主体的になったと思います。

太田:主体的になったのはどのような言動になって表れていますか?

末田:「これは俺の役割だということを」これまでは発言はしなかったですからね。

太田:なるほどですね。一方で、この部分に関しては、今期を振り返って、もう少し機能させたかったなということがもしあったら教えてください。

末田:しいて言えば、システム周りは一人のメンバーが取締役ではなく、アドバイザリーのまま主幹を持っているので、若干そういう意味では傾けるリソースが不足しているというのも現実的に起きてしまっていて、それも処方箋がこのチームとして出せていない。なので、そういう意味で難しいところがあるかなとは思いますけどね。問題解決のスピードとか。

太田:なるほどですね。

末田:ただ、これ前の体制に比べたら、前回が1だとしたら、今は80、90なので。

太田:すごいですね。

末田:はい。そういう意味では100には届かなくても、十分に及第点だとは思います。

コーチに期待することは、忖度なく関わること

太田:ありがとうございます。今後のコーチへの期待があったら教えてください。

末田:引き続き、忖度なく関わり続けて続けていただければ。

太田:はい。分かりました。

末田:やっぱり外部の人がいると、会議の質が上がりますね。

太田:嬉しい言葉をありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

インタビュー実施:2021年9月 
インタビュアー:株式会社ピグマ すごい会議マネージメントコーチ 太田智文

弊社では、会議で会社を変える会議手法(すごい会議)を無料で体験できるセミナーを開催しています。

実際に体験をしてみたい方は、マネージメンとコーチによる無料90分ミーティングで、御社の期待と課題をお聞きした上で、ベストのやり方を我々から具体的にご提案します。

オンライン会議の効果的な運営方法や考え方について、オンラインセミナー(zoom)を開催しています。

セミナーへのご参加が難しい方には、会社経営に役立つ(と私たちが信じている)マネージメント手法について、まとめたPDFファイルをダウンロードできます。こちらをご覧ください。

会議のやり方を変えるだけで劇的に会社の経営に違いが起きる「7つのノウハウ」を公開中。「すごい会議」の7つのノウハウ・メール講座の無料登録はこちらから。

すごい会議無料相談
社長ブログ

導入事例

株式会社ユニメディア

株式会社ユニメディア  代表取締役社長 末田 真 様へのインタビュー。 期間:2020年12月から2021年9月。 「諸々の問題が起きたときに、結局、背景にあるのは本質的な課題。それを扱うのがすごい会議」

株式会社エコリング

株式会社エコリング 代表取締役 桑田 一成 様へのインタビュー。 期間:2020年1月から2021年7月。 テーマ:目標達成の方程式が浸透し、導入費用10倍の粗利を達成

株式会社赤鹿地所

株式会社赤鹿地所 代表取締役社長 赤鹿保生様へのインタビュー。 期間:2020年8月から2021年7月。 テーマ:すごい会議を継続して10年。10年連続増収増益を達成。今期は、目標達成率129%、経常利益率14.7%。組織改革により、営業のトップクラスメンバーたちが幹部になり、若手メンバーが成長。

株式会社エコリング(神奈川・東京エリア:買取部門)

神奈川・東京エリア エリアマネージャー 二神 健 様へのインタビュー。 期間:2021年1月から6月。 目標設定や進捗管理のルールが組織運営に効果を発揮し、粗利目標に対して144%を達成。

株式会社ネオマーケティング -第3回-

代表取締役 橋本 光伸様への導入事例インタビュー。第3回「すごい会議」とは、シンプルな目標達成の手段

セミナー事例

【セミナー事例】経営体質改善セミナー

マザーズ上場のオロ社と共同開催で、[経営者向け]すごい会議®」と「利益管理」で筋肉質の会社に変わる 経営体質改善セミナー を実施しました。

【セミナー事例】コンテンツワークス株式会社 様

ずっと社員に言ってきた、事実で話す ということが、1回のセミナーで腹落ちした。