株式会社赤鹿地所 代表取締役社長 赤鹿保生様

ピグマ社の支援で、すごい会議を継続して10年。10年連続増収増益を達成。今期は目標達成率129%、経常利益率14.7%の達成。組織改革により、営業のトップクラスメンバーたちが幹部になり、若手メンバーが成長した一年に。

・設立:平成2年5月
・資本金:9.800万円
・従業員数:22名(2021年3月現在)
・事業内容:宅地分譲事業・不動産買取事業・土地の有効活用の企画実施・不動産売買・賃貸の仲介業務・不動産の各種コンサルティング業務
・導入期間:2020年8がつから2021年7月(10年目)
・担当コーチ:株式会社ピグマ すごい会議コーチ 太田智文、すごい会議コーチ 田中哲

太田:今日はお時間いただきありがとうございます。今期が8月15日に終わられるということで、振り返りのインタビューのお時間をいただきました。

まずは、今期1年を振り返って、どのような結果になられたかというのを教えてください。

赤鹿:今期は年初に立てた目標に対して達成率129%、経常利益率14.7%の達成でした。

太田:おめでとうございます。社長からしたときに、今期の結果というのは、よくやった、すこしよくやった、普通など、いろんな観点がありますが、どのようにお感じになられますか。

赤鹿:まぁ、よくやったですよね。

太田:そうですよね。すごいです。このよくやったという結果になられた中身を教えていただきたいのですが、どのあたりが今期に関しては大きな違いが起きたなとお感じになりますか?

赤鹿:今期の結果は、正直、外部環境の影響もあると思います。それはやはり住宅に対する意識の高まりみたいなものがありまして、コロナ禍において戸建てニーズが非常に増えたり、家に対する関心度の高まりというのがあって、住宅業界が良かったというのが要因の一つにありますね。

太田:なるほどですね。

赤鹿:ですので、手放しでウチの実力なのかというと、全部はそうではないだろうなと思っています。ただし、うちのメンバーを見ていただいているのでお感じだと思いますが、組織の改革によって若返りして新たに担うメンバーが出てくるなど、若手は着実に成長しましたね。

太田:そうですね。

赤鹿:営業のトップクラスメンバーたちが、今度は幹部側に回って、新しい戦略をどんどん実行していってくれているという良い循環は、すごい会議をずっとやってますから、幹部メンバーも“型”を覚えて、体質がどんどん習慣づいているというのがあると思います。

太田:“体質”。いいですね。昨日のセッションを見ていても、幹部の方が本当に落ち着いて、全体を見ながら良い采配をされているなというふうに感じました。

赤鹿:幹部Bはそのあたりは非常にバランスはいいですし、もう一人の幹部Aは自分のチームを持ちながら、もう一人のB幹部の補佐をかなりやっていまして、ロールプレイングや面談の訓練などの若手の育成を、何回も何回も一つの復習パターンやってくれているんです。

太田:さすがですね。

赤鹿:一人は戦略的な取り組みが非常に得意ですし、もう一人は若手の育成だとか、教育プログラムが得意。だから来期から二人は、取締役として会社の経営を一緒に担ってもらいます。

太田:良いペアですね。

赤鹿:はい。よく頑張ってくれます。

太田:外部環境もありますが、中身もいろいろ変わられた面があると思うのですが、仕事のやり方でも、あるいはビジネスの取り組み方でも、今期大きく変化したことがありましたら教えてください。

赤鹿:何点かあります。一つは営業推進部の新しいサービスを今年からスタートしました。「いえとち相談窓口」という我々宅地販売の立場で住宅会社を紹介するサービスを始めました。会議の中では「いえとち」という言葉で出てくるわけですけれども、今まで弊社の宅地分譲の事業は半分以上は住宅メーカーさんからのご紹介をいただいたお客さんで成り立っていました。

太田:はい。

赤鹿:ということは、先に住宅会社にお客さんが訪問して、そこであらかた建物は決めたものの、土地がまだ見つかっていないということで、住宅メーカーさんの営業マンから土地希望客を弊社は紹介していただいて、弊社が保有している土地を買ってもらうという一つの流れが、これまでの土地分譲では黄金のパターンでした。

太田:そういうことですね。

赤鹿:で、住宅会社の専門店ということで、一般の方からしたら少し分かりにくい注文住宅のメーカーさんをどのように選んだらいいのかというのを、予算や希望のテイスト、お客さんの希望の内容を聞き取って、「それならばこのメーカーがいいと思います」というのを我々独自に価格の目安みたいなものも資料として作って、「坪あたりこのぐらいの予算でしたら、このあたりが該当するメーカーですよ」というのを、我々がマッチングさせて、お客さんを育ててからメーカーさんにご紹介します。

太田:いいですね。

赤鹿:そういうサービスを始めた最初の年でした。この「いえとち」効果というものがあって、宅地販売に拍車をかけたのは一つ間違いがないですね。「いえとち」で集客して、土地を販売に繋げたという部分では、新しい集客のパターンを作ったということに成功した年になりました。

太田:なるほどですね。お互いにとってWin-Winの関係になりますね。

赤鹿:そうですね。もう一つ大きく変えたのは、賃貸管理部門に関して、新しいメンバーを入れて、今までは自社物件をただ仲介業者に客付けをしてもらう受付窓口業務だった業務を、これからは賃貸管理業務に力を入れようということで、新規受託を始めたんです。

太田:なるほどですね。メンバーも変えたわけですね。

赤鹿:そうですね。若返りさせて、将来の管理のモデルを作ろうとしました。

太田:なるほどですね。

赤鹿:アパート経営における家主に成り代わって、すべての賃貸経営のマネジメントを請け負う、経営そのものを請け負うPM(プロパティーマネージャー)を今から育てていかないといけないということで、新しいメンバーも含めた数名を軸に、社内のPMの育成に着手しました。
客付け営業もできるし、家主の対応もできるという「PM(ピーエム)」と呼んでいますけど、新しいプロパティーマネージャーというのは、家主にとっての総合的なマネージャー役ですね。
今はまだまだこれからですけれども、管理専門と客付け専門のメンバーが1チームで物事に取り組むことによって、今後のPMの育成に繋げていきたいなと思っています。

太田:素晴らしい取り組みですね。

 

太田:今期、今お聞きしたような違いを起こすのに、すごい会議が貢献できた部分、我々がサポートできた部分があるとすれば教えてください。

赤鹿:たくさんあると思います。今年だけを切り取るというよりかは、幹部2人は間違いなく、すごい会議のお作法で育った幹部です。

太田:ありがとうございます。

赤鹿:いずれも戦略思考があって、具体的にすぐに5Wが発生して、5Wを計画化できます。2人の幹部は入社したときから、ほとんどこの環境ですからね。もうこれが当たり前みたいなものですね。

太田:そうですよね。

赤鹿:そうやってく中で、いよいよ自分たちがリーダーシップを発揮して、目標設定をし、成果を作っていくという中で、今期あったすごい会議効果ということで言えば、(社内では「戦略会議」と言ってますが、)彼らが意思決定者になるというご利益ですよね。

太田:なるほどですね。

赤鹿:意思決定者になると、多くの意思決定を自分でしなければなりません。時には難しい判断があったり、チーム内の多くの反対意見もあるなかで一つを選び取らないといけない状況で、覚悟を決めたという部分でしょうね。

太田:なるほどですね。

赤鹿:意思決定を担う人間は、やっぱり脇に汗をかきながら物事を決めていかないといけないという経験をするでしょうから、その部分は非常に彼らにとっても大きかったと思います。
それと、太田コーチには、ここ数年前から電話コーチングをお願いしていて、私以外の人に、冷静に今の現状を報告する相手がいて、その人に対して次の戦略を説明しないといけないというのは大切だと感じます。

太田:お役に立てて何よりです。

赤鹿:コーチの質問に答えないといけないというのは、当然、自分自身がもしその思考にいっていなかった事柄があったら、頭の整理になりますし、このことを社長の私以外の人間が担ってくれるというのは、本人たちにとっても時に頭をリセットしたり、忘れていた思考に連れて行ってもらうという部分でプラスですね。

太田:ありがとうございます。来期も貢献させていただきます。

2021年8月6日
株式会社ピグマ すごい会議マネージメントコーチ 太田智文

弊社では、会議で会社を変える会議手法(すごい会議)を無料で体験できるセミナーを開催しています。

実際に体験をしてみたい方は、マネージメンとコーチによる無料90分ミーティングで、御社の期待と課題をお聞きした上で、ベストのやり方を我々から具体的にご提案します。

オンライン会議の効果的な運営方法や考え方について、オンラインセミナー(zoom)を開催しています。

セミナーへのご参加が難しい方には、会社経営に役立つ(と私たちが信じている)マネージメント手法について、まとめたPDFファイルをダウンロードできます。こちらをご覧ください。

会議のやり方を変えるだけで劇的に会社の経営に違いが起きる「7つのノウハウ」を公開中。「すごい会議」の7つのノウハウ・メール講座の無料登録はこちらから。

すごい会議無料相談
社長ブログ

導入事例

株式会社ユニメディア

株式会社ユニメディア  代表取締役社長 末田 真 様へのインタビュー。 期間:2020年12月から2021年9月。 「諸々の問題が起きたときに、結局、背景にあるのは本質的な課題。それを扱うのがすごい会議」

株式会社エコリング

株式会社エコリング 代表取締役 桑田 一成 様へのインタビュー。 期間:2020年1月から2021年7月。 テーマ:目標達成の方程式が浸透し、導入費用10倍の粗利を達成

株式会社赤鹿地所

株式会社赤鹿地所 代表取締役社長 赤鹿保生様へのインタビュー。 期間:2020年8月から2021年7月。 テーマ:すごい会議を継続して10年。10年連続増収増益を達成。今期は、目標達成率129%、経常利益率14.7%。組織改革により、営業のトップクラスメンバーたちが幹部になり、若手メンバーが成長。

株式会社エコリング(神奈川・東京エリア:買取部門)

神奈川・東京エリア エリアマネージャー 二神 健 様へのインタビュー。 期間:2021年1月から6月。 目標設定や進捗管理のルールが組織運営に効果を発揮し、粗利目標に対して144%を達成。

株式会社ネオマーケティング -第3回-

代表取締役 橋本 光伸様への導入事例インタビュー。第3回「すごい会議」とは、シンプルな目標達成の手段

セミナー事例

【セミナー事例】経営体質改善セミナー

マザーズ上場のオロ社と共同開催で、[経営者向け]すごい会議®」と「利益管理」で筋肉質の会社に変わる 経営体質改善セミナー を実施しました。

【セミナー事例】コンテンツワークス株式会社 様

ずっと社員に言ってきた、事実で話す ということが、1回のセミナーで腹落ちした。