自分たちで考える、そして実行することをコミットする。決意して、最後まで責任を果たそうと取り組んだからこそ手に入れた達成。

・会社名:株式会社エコリング
・ミッション:「価値を見いだす使命共同体」エコロジーの輪を広めていく
・事業内容:買取事業、ブランド品専門店運営販売事業、インターネット販売・業者間取引販売事業貴金属販売及び古物オークションへの販売事業
・従業員数:361名(2018年1月時点/契約社員・パートタイマー含む)
・コーチング開始:2020年8月
・キーワード:ブランド買取、店舗運営
・ウェブ:https://www.eco-ring.com/
・取材対象 :買取事業 執行役員  是澤誠一郎 様
・担当コーチ :太田智文

「自分に責任が100%ある」の立場での他店舗への関わりの視点を持てたことが非常に大きな成果だった。

太田:今日はお時間いただき、ありがとうございます。よろしくお願いします。

是澤:はい。お願いします。

太田:最初に、今回の「すごい会議」導入に至った経緯を、教えてください。

是澤:はい。ありがとうございます。きっかけは赤鹿地所の赤鹿社長の講演を本社でしていただいた際に、赤鹿地所様の、いわゆる業績、それから環境面の話を聞かせていただき、それが今は仕組みで動いているということも伺って、自社と比較したときに、非常に足りないところがあるなと、感じた部分がありました。「どういうふうな教育環境というものか?」とか、「どんなOJTが用意されているのか?」などということを、赤鹿社長に伺わせていただいたところ、この「すごい会議」を導入して、もう8年になるというところで、その8年間のうちに、どんどんどんどん業績も上がっていったということを伺いまして、それがまずヒントという形になって、興味が湧いたというようなところがきっかけです。

太田:ありがとうございます。さっき足りない部分があるとおっしゃったんですけど、是澤さんの観点で、どこの部分だって見えたんですか?

是澤:はい。基本的にはやはり、今のエコリングの会社のなかで教育という観点が足りないというのをまず感じました。というのは環境においても、新入社員のときに入って来られて、1年目ぐらいまではある程度、教育環境というものが出来上がっているんですね。ただ、1年目以降というところに関しては、各々独自で勉強していくという社風の中で、なかなか育つ人と育たない人とで、非常に差が出てきてしまっていたというところで、外部研修も含めて、今まで色々な取り組みをさせていただいていたんですけれども、それが大きく良い影響を与えたかっていうようなところに関しては、やはり単発、単発の影響というようなところもあったりですね、なかなかそれが継続して自社のなかに入っていないなということを感じていました。
そんな中で、会社の将来の成長が見込まれていて、会社が目指す方向を見た時に、そこに見合う人材が十分に揃っていないな、と。その目指す方向に行ったときに、わが社はそこまで辿り着きましたと胸を張って言える人たちが、やはり社員のなかに揃っているかと言われると、今はそのレベルには追い付いていない。
わが社の場合は基本的に、能力の高い人を最初から採用するというスタイルではなく、可能性を感じる人を採用して、そこから育ってもらうというスタイルでしたので、そういう意味では、何が今後にとって本当に良いのかを模索する中で、赤鹿社長の話がヒントになったという感じですね。

太田:なるほどですね。ありがとうございます。是澤さんが今回のプロジェクトで、当初期待していたことは何だったんですか?

是澤:当初期待していたことは、関西エリアの人材のレベルの底上げをして、方針書の達成をすることでした。

太田:なるほどですね。それは途中で変化はあったんですか。それとも当初の期待のままでしたか?

是澤:そうですね。タイミングでの変化は正直、コロナの環境課のなかで発生したかなという風に思っていますが、まあタイミングを除けば、期待をしていたのは変わらず、結果としては最後まで行けたかなというようなところですね。はい。

太田:“関西エリアの底上げ”っていうのは具体的にはどんなことを期待されていたんですか?

是澤:人材のレベルのアップがまず、本当に第一ですね。人材を関西から非常に多く他のエリアに排出もしていきましたので、やはり非常にこのエリアに人材層が薄かったんですね。一番核のエリアでありながら、非常に手薄な人材での戦いになっていたかと。
誰がリーダーシップを取ってやっていくのかということを考えても、やっぱり業務過多で、なかなか、そのマネジメントにおいて十分な機能を果たせていないという環境のなかで、ある程度、店長という役職の人たちからでも、1つ上の仕事をしていただくということをすることで、全体の成長の底上げに繋げればいいかなと考えていました。

太田:なるほどですね。ありがとうございます。実際に導入されて、どういう成果が得られたのか教えてください。

是澤:はい。まずは参加メンバーの視点は大きく変わったのかなというふうに感じています。というのは、今までは、おそらく自店舗、それから自分のお店にいる部下のみにしか、おそらく目がいっていなかったことを、1店舗でも違うお店のことを、自分のことかのように関わっていくというような視点を持てたことが非常に大きな成果だったかなというふうに考えています。

太田:ありがとうございます。これ、よくよく考えると、自店舗以外のことを店長が考えるって、すごいですね。

是澤:そうですね。考え方的にはそうなんですけれども、ただ、でも、実は昔からあった考え方ではあったんです。

太田:そうなんですね。

是澤:要はドミナント出店というような言い方をして、1つのお店に、大きい店舗に店長がいて、ベースとなる店長がいて、その近くにドミナント店舗というものを出店することで、そこのドミナント店舗の店長は副店長という役割で、そこのお店を運営するという考え方があったんです。

太田:そういう考えがもともとあったんですね。

是澤:はい。もともとあったんですよ。そういうのが。ただ、この15年のあいだに副店長っていう役職がなくなったり、副店長がわかりにくいので店長にしましょうとか、そういう変化がありました。あとは人が増えることによって、店長は1つの店舗のお店を見ることが仕事であるということになったりとか、いろんな変化があったんです。

太田:なるほどですね。そういう変化があった中での、今回のすごい会議だったんですね。

是澤:はい。

太田:参加するメンバーの視点が変わったっていうのは、何がきっかけで変わったと見えましたか?

是澤:やはり関わりかな、というふうに思っているんですけど、この関わりと言いますのは、「すごい会議」のなかで持たされる、自分たちで考える、そして考えて実行していくっていうことをコミットするということ。そして、決意して、最後まで責任を果たそうと取り組んだからなのかなというふうに考えています。

太田:なるほどですね。

太田:“年度方針の達成“っていうのは、このまま行くと、どのような結果になりますか?

是澤:一番のベースとなる粗利に関しては、関西エリアとして、年間で言うと、わずかに届かずぐらいの結果にはなりそうかなと思いますけど、ただ、出店のタイミングのずれであったり、いろいろコロナによって軌道変更した部分もたくさんある中ででしたので、数字だけ見れば年度当初に言っていた目標は行っていないにしても、中身にしては100%行っているのかなというふうに考えてはいます。(※後日、いただいた数値データより、すごい会議実施期間の2020年8月から12月に関しての結果は、方針に対して、128%の達成率でした。)

太田:なるほどですね。ありがとうございます。

太田:今回参加しているメンバー一人一人を見たときに、誰のどんな行動や発言が印象に残ったり、あるいは誰が変わったなって感じますか?

是澤:はい。一番感じたのはY店長の影響が一番大きかったかなって思います。

太田:どういうところがですか?

是澤:やはり会議での発言のなかでもそうですけれども、常に目標を達成させるというベースで発言をする、その言葉ですね。目標に対して足らないというふうに感じたときに、上司、部下関係なく、しっかりと“自分はこう思います!”ということを、会議のなかでも発言されていて、ご自身も任された店舗というところに対して結果を出していっていたというところにおいては非常に影響力が強い店長だったのかなと感じましたね。

太田:ありがとうございます。

太田:「すごい会議」を他社や他部署におすすめする度合いは10点満点で何点ですか?

是澤:他社や他部署におすすめする度合いは8点です。

太田:はい。その理由を教えてください。

是澤:合う、合わないとか、やはり自社や自部署のことをしっかり考えたほうがいいっていうのは思いました。その状況を考えて、何を課題に考えているのかっていうところだとか、機能的に動いているところに逆に入れてしまうというようなところとかは、もちろんプラスαは生まれるかもしれないですけど、期待する効果というところの部分までってなるかもしれないので、8点にさせてもらいました。

太田:なるほどですね。ありがとうございます。どんな会社や部署には、おすすめしますか?

是澤:自部署の一つの例でしか見れていないんですけれども、今回のすごい会議の導入に関しては“良かったな”というところしかなくて、なぜ、それを感じたかというと、お店が1人勤務のワンオペで回していますので、非常に店舗通しの関わり度合いというのが薄く、希薄になっていきがちになるんですね。ですが、そこを会議で応援者を巻き込んでいくであったり、協力関係を作ることによって、会議があることによって協力関係ができたり、チームとして機能しているということに繋がったかなと思います。
ですので、エリア展開やお店を複数提供している会社や部署に非常に合っているんじゃないかなというふうに感じました。

太田:ありがとうございます。来年もよろしくお願いします。

是澤:よろしくお願いします。

2020年12月16日
インタビュアー 株式会社ピグマ すごい会議コーチ 太田智文

買取事業 執行役員  是澤誠一郎 様

弊社では、会議で会社を変える会議手法(すごい会議)を無料で体験できるセミナーを開催しています。

実際に体験をしてみたい方は、マネージメンとコーチによる無料90分ミーティングで、御社の期待と課題をお聞きした上で、ベストのやり方を我々から具体的にご提案します。

オンライン会議の効果的な運営方法や考え方について、オンラインセミナー(zoom)を開催しています。

セミナーへのご参加が難しい方には、会社経営に役立つ(と私たちが信じている)マネージメント手法について、まとめたPDFファイルをダウンロードできます。こちらをご覧ください。

会議のやり方を変えるだけで劇的に会社の経営に違いが起きる「7つのノウハウ」を公開中。「すごい会議」の7つのノウハウ・メール講座の無料登録はこちらから。

株式会社ネオマーケティング -第1回-

代表取締役 橋本 光伸様への導入事例インタビュー。第1回:「すごい会議」を導入して4年の成果。 2021年4月、上場実現まで­­­の軌跡

株式会社ネオマーケティング -第2回-

代表取締役 橋本 光伸様への導入事例インタビュー。 第2回:成長の肝は、「すごい会議」の日常化

株式会社ネオマーケティング -第3回-

代表取締役 橋本 光伸様への導入事例インタビュー。第3回「すごい会議」とは、シンプルな目標達成の手段

株式会社エルズホーム様 すごい会議導入事例

株式会社エルズホーム 専務執行役員 小山陽平さまに、すごい会議を導入いただいた成果と取り組みについてインタビューを行いました。 担当コーチ 太田智文

株式会社赤鹿地所 赤鹿 保生様

継続的に『すごい会議』を実施する事で仕組みが浸透し、結果が出る。 「すごい会議」を重要戦略会議の位置づけで4年継続。

株式会社エコリング様 すごい会議導入事例

株式会社エコリング 買取事業 執行役員  是澤誠一郎さまに、すごい会議を導入いただいた成果と取り組みについてインタビューを行いました。 担当コーチ 太田智文

株式会社東京ユニフォーム すごい会議導入事例

株式会社東京ユニフォーム 代表取締役社長 堀田 昌彦さまに、すごい会議を導入いただいた成果と取り組みについてインタビューを行いました。 担当コーチ 太田智文、石田博士

株式会社Union様 すごい会議導入事例

株式会社Union 代表取締役 堺 健太さまに、すごい会議を導入いただいた成果と取り組みについてインタビューを行いました。 担当コーチ 太田智文

株式会社グローアップ様 すごい会議導入事例

株式会社グローアップ 代表取締役 古田 高浩さま、取締役 北川 裕人さまに、すごい会議を導入いただいた成果と取り組みについてインタビューを行いました。 担当コーチ 太田智文

株式会社オーエス すごい会議導入事例

株式会社オーエス 代表取締役社長 織田 光一さま、取締役 杉浦 広治朗さまへのインタビュー。インタビュー実施日 2020年9月24日

ステイジアキャピタルホールディングス様 HPOS導入後インタビュー

「コミュニケーションの土台を社員と共に作り、ONE-TEAMヘ」 すごい会議HPOS(High Performance Operating System)セッション 導入後インタビュー。

株式会社LOHASTYLE(ロハスタイル) 代表 木村様 すごい会議 導入後インタビュー

「すごい会議を通じて『自分に責任が 100%』という考え方を共有できたことで、より個人としても組織としても強くなった。」

リベラルソリューション株式会社 下田穣様

「すごい会議を導入した約半年で、1事業の粗利が2.5倍に。他部署のことを自分の部署のこととして捉える意識が芽生え、みんなで協力して解決しようっていう文化が生まれました。」

株式会社NEOマーケティング -第1回- 導入編

株式会社NEOマーケティング様 すごい会議導入インタビュー 『すごい会議の導入によるマネジャー陣の変化』

株式会社NEOマーケティング -第2回- 開始後・変化編

株式会社NEOマーケティング すごい会議導入インタビュー 『すごい会議の導入によるマネジャー陣の変化』

株式会社NEOマーケティング -第3回- 未来編

株式会社NEOマーケティング すごい会議導入インタビュー 『すごい会議の導入によるマネジャー陣の変化』

株式会社トントン -第1回- 導入編

”人儲け企業” 株式会社トントンとすごい会議の1年間 第1回:急成長の裏側 「すごい会議知ってますよ、すごいっすね、一番ヤバいやつじゃないですか」

インターリンク株式会社 -第1回- 導入編

社長の想いが全社に伝わり、共通言語が作られる、成長を実感したインターリンク株式会社様の3ヶ月間|第1回:導入編をお届けいたします

インターリンク株式会社 -第2回- 実施編

社長の想いが全社に伝わり、共通言語が作られる、成長を実感したインターリンク株式会社様の3ヶ月間|第2回:実践編をお届けいたします

セイスイ工業株式会社 -第1回-

すごい会議の導入事例をご紹介。三回に渡り、今回はやり切る先の限界突破へ。 「セイスイ工業らしさ」を全員参加で作り上げる「すごい会議」の半年間をご紹介します。

セイスイ工業株式会社 -第2回-

すごい会議の導入事例をご紹介。三回に渡り、今回はやり切る先の限界突破へ。 「セイスイ工業らしさ」を全員参加で作り上げる「すごい会議」の半年間をご紹介します。

セイスイ工業株式会社 -第3回-

すごい会議の導入事例をご紹介。三回に渡り、今回はやり切る先の限界突破へ。 「セイスイ工業らしさ」を全員参加で作り上げる「すごい会議」の半年間をご紹介します。

株式会社トントン -第3回- 未来編

”人儲け企業” 株式会社トントンとすごい会議の1年間 第3回:未来 「すごい会議は『ゼロからイチを作る』」

株式会社トントン -第2回- 実施編

”人儲け企業” 株式会社トントンとすごい会議の1年間 第2回:導入後の変化 「鬼の責任感。人ってそこまで変われるだなあと僕もびっくりするくらいに。」

株式会社イデアル 薄葉様

「業界トップを取ろうぜ!」“巻き込む力”で大きな目標を共有。 信頼を得られる組織を作り、結果的に高い業績を上げるために 「すごい会議」が原動力になっています。

三菱商事石油株式会社 営業企画部 高尾様

自ら解決策を導き出させる手法が面白い。決まらない会議から「決まる会議」にするためには。

OMソーラー株式会社 飯田様

すごい会議を導入することで、高速回転で全ての計画に対してレビューをする仕組みができた。

株式会社クラウドペイメント 清久様

1番変わったのは自分(社長)。社員に委ねる経営へシフト。

株式会社ブレインパッド 草野様

密度の濃い経営 緻密なアクションが実行される。組織を強くするサイクルができた。

ノアインドアステージ株式会社 大西様

“5年後に100億” こんなことを言えるのは『すごい会議』の影響。社内に浸透する「すごい会議」、会社が変わる。

全35件中 1〜 30件を表示