目標と、達成の行動にコミットする組織になり、達成が"当たり前"に。

会社名 :株式会社オーエス
事業内容:WEBサイト制作事業/インターネット関連広告事業/メディア関連広告事業/インバウンド事業
/テレマーケティング事業/情報通信機器アウトソーシング事業/ブロードバンドアウトソーシング事業/LED関連事業
コーチング開始:2019年11月
キーワード:IT、ウェブマーケティング、メディア
ウェブ:https://oscorporation.com

取材対象 :代表取締役社長 織田 光一さま、取締役: 杉浦 広治朗さま
担当コーチ :太田智文、小坂 賢吾

「どのようにすれば」で自ら考え、改善行動と提案があるチームへ変化。

太田 今日はお時間いただきまして、ありがとうございます。

織田/杉浦 いえ、こちらこそ。

太田 すごい会議が始まってから、ここまでの結果や、成果と、当初の期待に対するここまでの振り返りをさせていただいて、その声をインタビューとして弊社の方でご紹介させていただきます。

太田 まず当初掲げていた目標は何だったのか。で、どういう結果に、現時点においてなっているのかというのを、教えてください。

杉浦 始まってからいくつかの目標を掲げてますが、9月まで追いかけていた目標は85件獲得で、結果は着地は90件でしたね。直近は同じ商材で目標を前回より高めて122件の獲得目標に対して、103件でした。

太田 今回この122件に対して、結果が103っていうのは、どのように見えてらっしゃいますか?

杉浦 正直その申請の回答が延びちゃったので、本来追うべき案件が消滅したんですよね。20件ぐらい。

太田 そうなんですか。

杉浦 なので、そういう意味でいくと前回より改善はかなり出来ていると思いますね。その後の工程の動かし方を含めて。

太田 これは何がうまくいったんですか?

杉浦 フローの見直しをしました。あと、部内の連携をちょっと変えたというか。それと早めに処理を進めたというところでしょうか。

太田 今回の参加メンバーのビフォーアフターで、どんな変化があったのかを教えてください。

杉浦 「どのようにすれば」で考える思考はかなりついてきたんじゃないかなというところですかね。そこは一番大きいポイントだと思います。

太田 なるほどですね。具体的にはどんな時に、それを感じますか?

杉浦 トークの改善とか。トークは本人が改善しようと思わないとないと直らないと思うんですよ。どんなにアドバイスしても。それがかなり早く改善されて浸透するようになったなという実感があります。

太田 なるほどですね。

杉浦 おそらく普段から「どのようにしたらもっと数字が取れるのかとか」、「どのようにすればもっと短い時間でやれるか」って考えているのかなと感じています。
作業工程で何回か見直しをしているんですけど、その発案自体が現場から出てきたりとすることが増えてきましたね。

太田 織田さんから見て、ビフォーアフターでどんな変化が感じられますか?

織田 そうですね。立てた目標や立てた計画をやりきるっていうその気持ち的な部分は以前にくらべれば当然強くなりましたよね。そこはすごく感じました。

太田 もっとこうだったらな、と感じることはありますか?

織田 そうですね。もっと求めるなら何かイレギュラーなこととか、要は想定していないことが起きたとしても、それをカバーして、こういうふうにすればできるんじゃないかとか、っていうような具体的な動きができるとなお良かったかな。

太田 なるほど。ありがとうございます。

太田 当初、このすごい会議を、なんでやってみようかなって思ったのか、教えてください。

杉浦 僕はやっぱり、数字への意識とか、自分の意志というか、指示待ちじゃなくて、能動的に自分で行動するというか、そういうマインドのセットをしたいといった感じです。

織田 やっぱり数字を作る、その気持ち的な部分で突き抜けられていなかったんで突き抜けられるような文化が作れればいいなっていう想いでしたね。

太田 ありがとうございます。本当のところ、すごい会議をやってみて良かったですか。

織田 良かったです(笑)。

太田 ありがとうございます。どの辺が良かったなって思いますか。

織田 望んでいた成果がほぼ100%に近い形で手に入れられたので、非常に良かったですよね。

太田 具体的に私や、コーチの小坂のサポートの中で、こういうところは効果的だった、というところは何だったか教えてください。

杉浦 やっぱり一人一人にしっかり考えさせるようにリードしてくれていたのは一番良かったかなと思います。

太田 なるほどですね。

織田 こうしたほうがいいんじゃないとか、ああしたほうがいいんじゃないっていう、その答えを当然そうやって教えることも必要だと思うんですけど、答えを最初から“さっ”と言うのではなく、「どのようにすれば」というのもそうですけど、やっぱり自分たちで考えて答えを出していくっていう作業が、ある程度身に付いていったのはすごく良かったなと思います。

杉浦 コーチによって違いがあって、太田さんのほうが上の目線というか、高い目線ですね。で小坂コーチはどちらかというと彼らと同じような目線なんですけど、両方とも本人たちには浸透しているなと思います。

太田 高い目線っていうのは、どういうところで感じたんですか?

杉浦 しゃべり方とか、意思決定の持っていき方とか、そういうところだと思います。

太田 なるほどですね。ありがとうございます。僕が感じていることとしましては、当初サポートしている中で、最初の商材がうまく軌道に乗せられなかったなっていう感覚が私にはありまして、で、御社のなかで商材も変えて、そこからフィット感というか、成果に関して違いが目に見えて起きてきたという実感がサポートしている側としてはあるんですね。そのあたりっていうのは実際にご導入された御社側としてはどのように感じているんですか。

杉浦 おっしゃる通りで、私も感じます。おそらく売るハードルが下がったんではないかなと。

織田 そうですね。まあ当然売れる商材、売れない商材とか、もしくはタイミング的なものとかっていうのはあると思うんですけど、理想的なところでいうと別に商材関係なく売れる組織を作らないといけないので、最終的なゴールとしてはそこを目指していかなければいけないかなとは思っています。商材を途中で変えて、売りやすくなったということに関しては結果として効果的だったなというふうには思いますし、今まで今回の取り組みを通じ、取り組んで積み重ねてきたものが相まって、ああいう結果が生まれたんだろうなというふうに思うので、単純に商材を変えただけでは、あの結果や、今の状況にはならなかったと思いますし、逆にあのまま同じ商材をやり続けていても当然同じ結果は生まれなかったので、良い具合に2つの事柄が絡み合って、今の結果になったのかなと思いますけどね。

太田  なるほどですね。

太田 私がサポートしていて印象的だったのが、今年の4月ぐらいですかね、前の商材を売ってらっしゃるときに、いつもは目標の話をしていたのが、もう少し実際の電話のトークスクリプトや、具体的な営業のやり方について会議の中で扱われた機会があり、あの辺りで参加メンバーがトークの仕方を工夫し始めたように見受けられたんですね。そこに杉浦さんも積極的に関わって、トークを改善していくみたいな。あのサイクルを週単位とか、2週間単位でグルグルグルグル回していくっていうのが非常に印象的だったんですが、杉浦さんはその辺りはどのように感じますか?

杉浦 その通りだと思います。半年前よりは相当トークも上手になっていると思います。

太田 そうですね。

杉浦 まあ半年前が悪すぎたかもしれないですけど(笑)。

太田 いえいえ。そのあたりで杉浦さんと、メンバーとの関係もちょっと変わったというか、よりチームとして関わるようになったような、そんなふうな印象もありますね。

杉浦 本当ですか。ありがとうございます。

太田 織田さんから見て、その辺はどのようにお感じですか?

織田 まあやっぱり、良い距離感と、メンバーに関わる時間ですよね。やっぱり。杉浦が実際、メンバーにトークを教えるようになったりして、飛躍的に彼らのスキルが伸びていったというのはあると思うんですけど、結局それまでは、逆の言い方をするとそこまで時間を割けなかったっていうのはあったかもしれないんですね。関わる時間とか、関わり方を変えたことで生まれた結果なのかなとは思いますけどね。

太田 なるほどですね。ありがとうございます。あと私から見て非常に印象的だったのが、プロジェクト前半でメンバーが数字の成果を上げる上で、言い訳のような会話、例えば「こういう理由で、仕事や作業が増えてきまして、自分たちでこれをやる分に関してはもう営業時間がありません」みたいな声が聞こえることがあったんですが、それに対して、織田さんが「だったら今のリソース、例えば他のメンバーを巻き込んでやればいいじゃないか」とか、「今やっている作業に関してはその人たちに任せればいいよね」と枠組みを越えて、みんなで数字の結果を出そうよ!といった意思決定が会議の中であったことが印象的だったんですね。そうすることで、メンバーも「ここまでやっていいんだ」とか「結果に対してもっとコミットして出来るんだ」という実感が湧いて、非常にこのことがパワフルだったなと。

杉浦 いや、もうその通りだと思います。それは大きい動きというか、組織運営でも、組織がそれによって流れが変わった部分があったんで、良かったと思います。

織田 どうしても現場で判断できないこともあると思うので、その辺は判断できることをしてあげなきゃと思っていましたけど、あとは本音でいえば言い訳の要因を潰したいってだけですよね。

太田 なるほど、“言い訳の要因を潰す”ですね。ありがとうございます。

太田 今後ですが、参加メンバーに対して期待してることを教えてください。

杉浦 それは、もっと「どのようにすれば」という感じですね。まだまだ全然もっと必要だと思うので。

太田 分かりました。織田さんはいかがですか?

織田 イレギュラーなこととか、何か想定していないことが起きたときにそれをリカバリーできるような柔軟性とか、対応力とか、そういうところをちゃんと身に付けてほしいなっていう感じですかね。要はもう何も言わなくても組織が回っている状況にしたいので。

太田 我々に対しての期待は何ですか?

杉浦 今後も同じ感じでサポートいただきたいのですが、研修って終わったあともサポートしてくれる方とそうじゃない方がいるじゃないですか。
出来れば終わったあとも相談していただける受け皿になってほしいなとは思いますけどね。あの二人にとって。

太田 受けとめました。もちろんサポートさせていただきます。インタビューありがとうございます。

(インタビュー日:2020年9月24日)

弊社では、会議で会社を変える会議手法(すごい会議)を無料で体験できるセミナーを開催しています。

実際に体験をしてみたい方は、マネージメンとコーチによる無料90分ミーティングで、御社の期待と課題をお聞きした上で、ベストのやり方を我々から具体的にご提案します。

オンライン会議の効果的な運営方法や考え方について、オンラインセミナー(zoom)を開催しています。

セミナーへのご参加が難しい方には、会社経営に役立つ(と私たちが信じている)マネージメント手法について、まとめたPDFファイルをダウンロードできます。こちらをご覧ください。

会議のやり方を変えるだけで劇的に会社の経営に違いが起きる「7つのノウハウ」を公開中。「すごい会議」の7つのノウハウ・メール講座の無料登録はこちらから。

株式会社グローアップ様 すごい会議導入事例

株式会社グローアップ 代表取締役 古田 高浩さま、取締役 北川 裕人さまに、すごい会議を導入いただいた成果と取り組みについてインタビューを行いました。 担当コーチ 太田智文

株式会社オーエス すごい会議導入事例

株式会社オーエス 代表取締役社長 織田 光一さま、取締役 杉浦 広治朗さまへのインタビュー。インタビュー実施日 2020年9月24日

株式会社東京ユニフォーム すごい会議導入事例

株式会社東京ユニフォーム 代表取締役社長 堀田 昌彦さまに、すごい会議を導入いただいた成果と取り組みについてインタビューを行いました。 担当コーチ 太田智文、石田博士

ステイジアキャピタルホールディングス様 HPOS導入後インタビュー

「コミュニケーションの土台を社員と共に作り、ONE-TEAMヘ」 すごい会議HPOS(High Performance Operating System)セッション 導入後インタビュー。

株式会社LOHASTYLE(ロハスタイル) 代表 木村様 すごい会議 導入後インタビュー

「すごい会議を通じて『自分に責任が 100%』という考え方を共有できたことで、より個人としても組織としても強くなった。」

リベラルソリューション株式会社 下田穣様

「すごい会議を導入した約半年で、1事業の粗利が2.5倍に。他部署のことを自分の部署のこととして捉える意識が芽生え、みんなで協力して解決しようっていう文化が生まれました。」

株式会社NEOマーケティング -第1回- 導入編

株式会社NEOマーケティング様 すごい会議導入インタビュー 『すごい会議の導入によるマネジャー陣の変化』

株式会社NEOマーケティング -第2回- 開始後・変化編

株式会社NEOマーケティング すごい会議導入インタビュー 『すごい会議の導入によるマネジャー陣の変化』

株式会社NEOマーケティング -第3回- 未来編

株式会社NEOマーケティング すごい会議導入インタビュー 『すごい会議の導入によるマネジャー陣の変化』

株式会社トントン -第1回- 導入編

”人儲け企業” 株式会社トントンとすごい会議の1年間 第1回:急成長の裏側 「すごい会議知ってますよ、すごいっすね、一番ヤバいやつじゃないですか」

インターリンク株式会社 -第1回- 導入編

社長の想いが全社に伝わり、共通言語が作られる、成長を実感したインターリンク株式会社様の3ヶ月間|第1回:導入編をお届けいたします

インターリンク株式会社 -第2回- 実施編

社長の想いが全社に伝わり、共通言語が作られる、成長を実感したインターリンク株式会社様の3ヶ月間|第2回:実践編をお届けいたします

セイスイ工業株式会社 -第1回-

すごい会議の導入事例をご紹介。三回に渡り、今回はやり切る先の限界突破へ。 「セイスイ工業らしさ」を全員参加で作り上げる「すごい会議」の半年間をご紹介します。

セイスイ工業株式会社 -第2回-

すごい会議の導入事例をご紹介。三回に渡り、今回はやり切る先の限界突破へ。 「セイスイ工業らしさ」を全員参加で作り上げる「すごい会議」の半年間をご紹介します。

セイスイ工業株式会社 -第3回-

すごい会議の導入事例をご紹介。三回に渡り、今回はやり切る先の限界突破へ。 「セイスイ工業らしさ」を全員参加で作り上げる「すごい会議」の半年間をご紹介します。

株式会社トントン -第3回- 未来編

”人儲け企業” 株式会社トントンとすごい会議の1年間 第3回:未来 「すごい会議は『ゼロからイチを作る』」

株式会社トントン -第2回- 実施編

”人儲け企業” 株式会社トントンとすごい会議の1年間 第2回:導入後の変化 「鬼の責任感。人ってそこまで変われるだなあと僕もびっくりするくらいに。」

株式会社イデアル 薄葉様

「業界トップを取ろうぜ!」“巻き込む力”で大きな目標を共有。 信頼を得られる組織を作り、結果的に高い業績を上げるために 「すごい会議」が原動力になっています。

三菱商事石油株式会社 営業企画部 高尾様

自ら解決策を導き出させる手法が面白い。決まらない会議から「決まる会議」にするためには。

OMソーラー株式会社 飯田様

すごい会議を導入することで、高速回転で全ての計画に対してレビューをする仕組みができた。

株式会社赤鹿地所 赤鹿 保生様

継続的に『すごい会議』を実施する事で仕組みが浸透し、結果が出る。 「すごい会議」を重要戦略会議の位置づけで4年継続。

株式会社クラウドペイメント 清久様

1番変わったのは自分(社長)。社員に委ねる経営へシフト。

株式会社ブレインパッド 草野様

密度の濃い経営 緻密なアクションが実行される。組織を強くするサイクルができた。

ノアインドアステージ株式会社 大西様

“5年後に100億” こんなことを言えるのは『すごい会議』の影響。社内に浸透する「すごい会議」、会社が変わる。

株式会社セイコーハウジング 元木様

自分たちが「こうやりたい!」 という気持ちの現われが自分たちの目標になった。「提案します」という責任ある発言がではじめた。

養老乃瀧株式会社 矢満田様

本当の問題を明らかにする。そしてその問題を乗り越える。限られた時間内で様々な事象が明確になるので、これまでぼんやりとしていたものがはっきり見えてきた。

株式会社 メイクスライフ 佐藤様

「それって本当にイケてる?」全社員の可能性を引き出して過去13年間で最高の契約件数&売り上げを達成。目標達成率 100%超! とことん考える会議と新チャレンジで過去最高の契約件数を達成。

石原金属株式会社 石原様

攻めの仕組みを手にいれた。浸透する進捗会議で会社が変わる。

辰馬本家酒造株式会社 辰馬様

8年間変えられなかった社員の行動と発言が導入後わずか5ヶ月で前向きにチェンジ。「やってもダメだろう」から「やるしかない」へ意識をチェンジ。

全29件中 1〜 29件を表示