自分たちが「こうやりたい!」 という気持ちの現われが自分たちの目標になった

株式会社セイコーハウジング
代表取締役社長 元木 康浩 氏

すごい会議コーチ 太田 智文

株式会社セイコーハウジング
設立:1970年
事業内容:住宅設計・建築 / 賃貸物件・土地の仲介 /住宅リフォーム
セッション開始 : 2013年4月

やらなかったら何も変わらない、という意識

すごい会議を導入する前はどのような問題を抱えていらっしゃいましたか?

当社はそれぞれ小グループに分かれての会議、それをまとめる進捗会議をしていました。課題が遅々として進まない。会議のための会議に結果的になってしまう。成果がなかなかみえにくい。参加している社員がやらされている感がある。社員自らが主体的に課題をこなしていこうとしていない。という問題があったんです。会議をする意味を僕自身がわかっているつもりだったけど、イメージの会議ができていなかったですね。

すごい会議の導入を決めた理由は?

興味があるだけだったり、本を読んで知っているだけでは、実際には使いこなせんわな、と。これは実施をお願いしないと前に一歩踏み出せない、と考えたから導入をしました。

「売上を倍にする」目標をたてる

すごい会議を導入した印象は?

社員が自主的になって自分たちの与えられた課題を自発的に積極的にどんどん取り組んでいくことにびっくりしましたね。経営者としては、社員が自発的に仕事をする状況が望ましいのですが、今まではそれができていなかったな、と。彼らがやっている姿を見て、改めて思いました。

「提案します」という責任ある発言がではじめた

すごい会議の会議導入後、何が手にはいりましたか?

最初の戦略的フォーカスを作る時から、社員が自主的に自分の課題としてとりくんでいることですね。みんな、「こんな目標立てていいの?」みたいな感じがあったんです。それなのに、皆が倍以上の金額を熱く語り始めた。自分たちで自主的にです。そこにはやらされてる感はなかったですよね。自分たちがこうやりたい、という気持ちの現われがそれにつながって戦略的フォーカスを作ったわけですよね。太田さんに、「すごい会議のどの部分がそういうふうに社員に火をつけたのか」と聞きたいですよ(笑)。僕自身も不思議で、まるで魔法にかかったようなところがありますからね。手に入ったことは、すごい会議の手法というものがそれぞれにかなり浸透してきて、みんなが自分たちの課題に対して進捗管理をし、それを達成しようとする自発的な動きが継続的な形でずっと回ってきていることですね。

コーチの太田に対する印象は?

太田さんの一回目は、当日、悪天候だった事もあり遅刻があった。それに対してごっつい暗いスタートから始まって、「なにがはじまるんやろう」と。「この人なんでこんな厳しいこと言うんやろ」と思ったんです。でも最後に社員があのように自主的に戦略的フォーカスを共有しようとしたのが「すごい会議」太田さんのテクニックだったんですよ。スキルとしていろんな場をコントロールする力というのがあるんだな、と感じました。

エネルギーをもらった

すごい会議導入後、社長ご自身に変化はありましたか?

はい。正直これからの会社に対する自分の意欲が無くなってきたことを感じていたんですよね。30代後半,40台の頃はとりあえず、会社を保てばいいというか、売上をとりあえずどんどん伸ばそうとかそういう気持ちで会社を大きくしてきたけど、自分が50を越えて意欲とか志とか段々エネルギーがなくなってきていたんだな、と。その時はそんなに感じてはいなかったけど、すごい会議を体験して社員がどんどんやる気になって今の倍以上を目指そう、としているのを見たことで、どちらかと言えば、それに自分が引っ張られた感覚です。みんながそんなにいきいきとやってくれているならば、頑張ろうという気持ちになった。自分自身が改めてもう一度いい会社にして売上げをしっかりあげる気持ちになりました。

すごい会議はどのような会社が導入すると、その会社になにか起きそうですか?

やっぱり社員の力を信じている会社でないとすごい会議を導入できないんじゃないかな。社員に対して否定的なリーダーでは結局すごい会議をやると劇薬になる可能性もあるから。本当に社員のために、社員と一緒にいい会社を作っていこうという会社。それは大きくても小さくても一緒です。うちのような10人少々の会社でもすごい会議を導入できた。大小かかわらず社員と一緒に成長していこうと思っている会社が導入したら、必ずいい変化が起きると思いますね。

(取材日:2013 年 6 月 25 日)

弊社では、会議で会社を変える会議手法(すごい会議)を無料で体験できるセミナーを開催しています。

実際に体験をしてみたい方は、マネージメンとコーチによる無料90分ミーティングで、御社の期待と課題をお聞きした上で、ベストのやり方を我々から具体的にご提案します。

セミナーへのご参加が難しい方には、会社経営に役立つ(と私たちが信じている)マネージメント手法について、まとめたPDFファイルをダウンロードできます。こちらをご覧ください。

会議のやり方を変えるだけで劇的に会社の経営に違いが起きる「7つのノウハウ」を公開中。「すごい会議」の7つのノウハウ・メール講座の無料登録はこちらから。

株式会社セイコーハウジング 元木様

自分たちが「こうやりたい!」 という気持ちの現われが自分たちの目標になった。「提案します」という責任ある発言がではじめた。

三菱商事石油株式会社 営業企画部 高尾様

自ら解決策を導き出させる手法が面白い。決まらない会議から「決まる会議」にするためには。

養老乃瀧株式会社 矢満田様

本当の問題を明らかにする。そしてその問題を乗り越える。限られた時間内で様々な事象が明確になるので、これまでぼんやりとしていたものがはっきり見えてきた。

株式会社トントン -第3回- 未来編

”人儲け企業” 株式会社トントンとすごい会議の1年間 第3回:未来 「すごい会議は『ゼロからイチを作る』」

株式会社ブレインパッド 草野様

密度の濃い経営 緻密なアクションが実行される。組織を強くするサイクルができた。

辰馬本家酒造株式会社 辰馬様

8年間変えられなかった社員の行動と発言が導入後わずか5ヶ月で前向きにチェンジ。「やってもダメだろう」から「やるしかない」へ意識をチェンジ。

株式会社 メイクスライフ 佐藤様

「それって本当にイケてる?」全社員の可能性を引き出して過去13年間で最高の契約件数&売り上げを達成。目標達成率 100%超! とことん考える会議と新チャレンジで過去最高の契約件数を達成。

株式会社赤鹿地所 赤鹿 保生様

継続的に『すごい会議』を実施する事で仕組みが浸透し、結果が出る。 「すごい会議」を重要戦略会議の位置づけで4年継続。

株式会社イデアル 薄葉様

「業界トップを取ろうぜ!」“巻き込む力”で大きな目標を共有。 信頼を得られる組織を作り、結果的に高い業績を上げるために 「すごい会議」が原動力になっています。

石原金属株式会社 石原様

攻めの仕組みを手にいれた。浸透する進捗会議で会社が変わる。

ノアインドアステージ株式会社 大西様

“5年後に100億” こんなことを言えるのは『すごい会議』の影響。社内に浸透する「すごい会議」、会社が変わる。

OMソーラー株式会社 飯田様

すごい会議を導入することで、高速回転で全ての計画に対してレビューをする仕組みができた。

株式会社クラウドペイメント 清久様

1番変わったのは自分(社長)。社員に委ねる経営へシフト。

セイスイ工業株式会社 -第1回-

すごい会議の導入事例をご紹介。三回に渡り、今回はやり切る先の限界突破へ。 「セイスイ工業らしさ」を全員参加で作り上げる「すごい会議」の半年間をご紹介します。

セイスイ工業株式会社 -第2回-

すごい会議の導入事例をご紹介。三回に渡り、今回はやり切る先の限界突破へ。 「セイスイ工業らしさ」を全員参加で作り上げる「すごい会議」の半年間をご紹介します。

セイスイ工業株式会社 -第3回-

すごい会議の導入事例をご紹介。三回に渡り、今回はやり切る先の限界突破へ。 「セイスイ工業らしさ」を全員参加で作り上げる「すごい会議」の半年間をご紹介します。

株式会社トントン -第1回- 導入編

”人儲け企業” 株式会社トントンとすごい会議の1年間 第1回:急成長の裏側 「すごい会議知ってますよ、すごいっすね、一番ヤバいやつじゃないですか」

株式会社トントン -第2回- 実施編

”人儲け企業” 株式会社トントンとすごい会議の1年間 第2回:導入後の変化 「鬼の責任感。人ってそこまで変われるだなあと僕もびっくりするくらいに。」

インターリンク株式会社 -第1回- 導入編

社長の想いが全社に伝わり、共通言語が作られる、成長を実感したインターリンク株式会社様の3ヶ月間|第1回:導入編をお届けいたします

インターリンク株式会社 -第2回- 実施編

社長の想いが全社に伝わり、共通言語が作られる、成長を実感したインターリンク株式会社様の3ヶ月間|第2回:実践編をお届けいたします

全20件中 1〜 20件を表示