年商10億円の壁を突破する会社が共通して取り入れている”ある仕組み”とは?

会社経営には、10億円の壁が存在するといわれています。
起業当初は、社長一人がバリバリ営業を頑張って、売上を作っていく。
起業するような人は、営業やマーケティングが得意なことが多く、社長一人の力でも年商3億円くらいまでは達成することができます。

しかし、そこからさらに売上を上げようと頑張っても、売上の規模に限界が生じてきます。
それが、年商10億円という壁です。

その壁を難なく突破できる会社と出来ない会社があります。
いったいその違いはどうして生まれるのでしょうか。

■ よく人材育成・組織化が重要だと言われるが、 時間も労力もかかり、すぐには結果が出ないというジレンマ・・・

年商3億円までの会社は、個人経営の会社=いわゆる「家業」「自営業」と呼ばれる位置づけです。
こうした会社は、経営者個人の資質や、伸ばせる力量の範囲内では、成長していくことができます。
ところが、会社の年商が3億円を超える頃になると、経営者の能力の限界が見え始めてしまいます。
会社として次の成長段階を迎え、10億の壁を越えるためには、経営者自身の努力だけではなく、すぐれた人材育成・組織化が必要不可欠となるのです。  企業の成長スピードに人材の成長スピードが追い付かず、ある程度まで成長した途端にガクンと業績が落ちてしまうケースが、売上の壁の前後で多く見受けられます。
そうした企業に共通している問題点が、目の前の業績を追うあまり、人材育成がおざなりになってしまっているというものです。
こうした人材育成・組織化の重要性に早くから気付き、社内研修や新人研修、セミナーなどに積極的に社員を参加させている中小・ベンチャー企業も増えていますが、費用対効果が見えづらく、結果に結びついていかないという不満も多く聞かれています。
また、この人材育成や組織化は非常に労力と時間がかかります。取り組んで、明日明後日に出来上がるものではありません。
その上、この人材育成と組織化と一言に言っても、一体何から取り組んでいけば良いのかが分からないと思う経営者も少なくないのではないでしょうか。

■ 人材育成・組織化が不要!!社員自らが自発的に行動するようになり、 自然に組織が構築されていく”魔法のようなシカケ”とは?

多くの経営者が日々の業務に忙殺され、人材育成に時間をかけられない中、人材育成・組織化の悩みを難なく解決して、売上の壁を突破し成長し続ける企業があります。
こうした企業には、ある共通した点があります。
それは、日々の“会議”のやり方です。「えっ!?たったそれだけ?」と驚かれるかもしれませんが、これは紛れもない事実です。
今、あなたはどのような会議の仕方をされていますか?社長自らが発言していることが多く、参加しているスタッフは黙って指示を聞いているということは多くないでしょうか?
また、「何か意見ある?」と聞いても、なかなか意見が出てこなかったり、活発な議論や検討が行われていないという状況になっていないでしょうか?
このような会議のやり方は、まさに年商規模の壁にぶつかっている会社に共通する会議のやり方なのです。
もし、今このような会議のやり方をしているのであれば、今すぐ会議のやり方を変える必要があります。
では、その会議のやり方をどう変えれば良いのか?

■ 急成長する企業がドンドン取り入れている”すごい会議”とは一体何か?

「すごい会議」という名称を聞いたことがありますか?
「すごい会議」は、アメリカで開発された会議手法で、実は日本でもすでに、100社を超える企業で導入されているメソッドです。
また、その業界内で高い業績を上げ続ける名だたるトップ企業が実践している会議手法です。
 会議そのものを変革することで人材マネジメントを同時に行うこの手法は、セミナーや研修とは違い、人材育成のためにビジネスを停滞させることがありません。
また、会議の中で具体的な問題解決の方法も生まれるため、まさに一石二鳥。
今まで社内で漫然と行われてきた“ダメ会議”を、意識的に見直すことで、会社の成長と人材の成長を同時に行っていくことができるのです。

名だたる一流企業や大手企業までもが、 「すごい会議」を次々と導入しています。

名だたる一流企業が導入し、圧倒的成果を出してきた「すごい会議」とは一体どのような会議なのか?
その具体的なやり方の手順を知りたいのであれば、下記から手順を学んでみてください。
一度、すごい会議のやり方を学べば、人材教育のためにスタッフを高い研修プログラムやセミナーに行かせる必要もなく、組織化するために組織コンサルタントに依頼する必要もなくなります。
「すごい会議」を導入して、社員が自ら行動して成長していく理想的な組織を作り上げてください。

そのすごい会議の方法とは?